NEWS

商品紹介

木槽しぼりの 酒粕入りチョコレート

木槽しぼりの 酒粕入りチョコレート

 青砥酒造は、こだわりの純米酒「蒼斗七星」で知られる、島根県安来市の名醸蔵。ムソーの「みやこの料理酒」もここで造っていただいています。
 「香る酒粕チョコ」は、木槽(きぶね)しぼりの純米酒の酒粕が入ったチョコレートです。木槽しぼりとは、もろみを詰めた酒袋を並べて積み重ね、上から圧力をかけるしぼり方で、「やぶた」という大型機械でしぼった酒より雑味が少なく、柔らかい酒質になります。酒袋に残る酒粕も、木槽のほうがお酒たっぷりで柔らかく、香り高いのです。
 この貴重な木槽しぼりの酒粕を、上質な有機原料使用のチョコレートと合わせた大人向けの逸品。生クリームや香料を使っていないのに、生チョコのような食感と酒粕の芳醇な香りをお楽しみいただけます。

年末限定 好適品

年末限定 好適品

年末のみ取扱の松前漬の素や天然真昆布、黒煮豆や餅類などご紹介。
・丹波篠山産黒煮豆(瓶)290g(固形量150g)¥1,200(本体価格)¥1,296(税込価格)
・国産栗甘露煮・ビン320g ¥1,700(本体価格)¥1,836(税込価格)
・渋皮付き国産栗甘露煮・ビン320g ¥1,600(本体価格)¥1,728(税込価格)
・松前漬の素・タレ付100g ¥520(本体価格) ¥562(税込価格)
などなど

ムソーのお正月 お節料理

ムソーのお正月 お節料理

伝統の味、素材の持ち味 それらを生かした、こだわりの逸品。

新年の始まりにこだわりの祝い膳
素材をいかした伝統の味付けをし、ひと品ひと品、丹念に仕上げたおせちを慶びの食卓に今年もお届けします。
ムソーのお正月料理のこだわり
 ★化学調味料(アミノ酸等)は使用しておりません。
 ★合成保存料は使用しておりません。
 ★合成着色料は使用しておりません。
  その他、合成食品添加物は使用しておりません。

年末の大掃除、 人にも地球にも やさしく

年末の大掃除、 人にも地球にも やさしく

■年末の売れ筋商品
・洗たく槽クリーナー500 g¥450(本体価格)¥486(税込価格)
 洗濯槽の裏のかくれたカビ・汚れを洗浄します。除菌効果があり、洗濯槽を清潔に保ちます。

■漂白・除臭・除臭に
・酸素系漂白剤750g ¥400(本体価格)¥432(税込価格)
 お洗濯用、台所用の漂白剤としてご使用して頂けます。又、除菌、除臭効果もあります。

ムソー北海道特別栽培米 平成28年度産 新米

ムソー北海道特別栽培米 平成28年度産 新米

 ここ数年、首都圏や関西圏でも北海道米の人気が高まっている理由は、そのおいしさにあります。品種改良が次々に行われ、「ななつぼし」「ゆめぴりか」など、新たなブランド米も続々誕生しています。
 北海道で安心安全な米作りに取り組む4つの生産者団体を厳選、それぞれが一押しするおいしい品種を出荷していただきます。いずれも地力を活かし、環境への負荷をできる限り低減した栽培方法による「特別栽培米」です。ミツバチの生息に悪影響を及ぼすとされるネオニコチノイド系農薬は、ムソーの指導で今年も使用していません。

いいね! 冷凍DEグルメ

いいね! 冷凍DEグルメ

☆いろんな商品を少しずつ”が可能☆
ムソーの冷凍倉庫でピッキングするので、「各商品取り合わせて合計20個以上」という小単位でご注文いただけます。他の卸問屋様にはないメリットです。
☆バックヤードに冷凍庫不要☆
商品が届いたら冷凍ショーケースに入れ、必要なだけ小まめに発注すれば済むので、バックヤードの冷凍庫で在庫管理する必要がありません。

はじめよう! オーガニック家庭菜園ライフ

はじめよう! オーガニック家庭菜園ライフ

ナチュラルライフ ステーションの
有機種子・園芸用品(2016年秋冬蒔き)

● せっかく家庭菜園で農薬を使わずに育てるのだから、種の安全にもこだわりたい
● 一代限りのF1種ではなく、生命がつながる「固定種」の野菜を食べたい
● 病虫害に対する抵抗力が高くて、発芽率がよく、栽培しやすい種子がほしい
● 野菜を育てて、料理して食べるところまで、家族みんなで取り組みたい

平飼い鶏のムソー有精卵マヨネーズ

平飼い鶏のムソー有精卵マヨネーズ

 身近な調味料のうち、マヨネーズは手作りしやすい品のひとつ。卵黄と酢の中に油を少しずつ垂らして混ぜると、とろ~りとマヨネーズになっていく不思議…子どもの頃、お母さんの手元を見つめた方もいるでしょう。
 ムソーのロングセラー「有精卵マヨネーズ」は、そんなご家庭の手作りに近い味です。リニューアルにあたり、ユーザー様アンケートを実施したところ、購入の理由は「おいしいから」「ムソーの商品は安心だから」「有精卵を使用したマヨネーズだから」がベスト3。風味・酸味・コクについても、それぞれ「ちょうどいい」という方が大半で、慣れ親しんだおいしいマヨネーズとして定着しているようです。「味が強くなく、何にでも合うところが好き」というお声も寄せられました。
 そこで今回のリニューアルは、大幅な味の変更は避け、酢と香辛料を見直して試作を重ねました。