NEWS
はぎわらファーム・萩原博さん(千葉県銚子市)

はぎわらファーム・萩原博さん(千葉県銚子市)

すいてんの後藤和明さんは、長年(28年!)畑を周ってきましたが、無農薬でキャベツを育てている人は少なく、ごくまれに出会えても、キャベツはアブラナ科の野菜の中で最も虫の食害がひどくて商品にならないのが常でした。「無農薬の生産者がいたとしても、多品目栽培の中で少量の供給しかできない。私の2年前までの常識でした」と後藤さん。
ムソーとの取り組みを契機に、無農薬栽培・有機JAS青果物を改めて開拓する中、出会ったのが萩原博さん(60才)。「太平洋の潮風と日焼け顔が似合う男。私の一学年先輩、半分同じ匂いがする昭和の男です」。銚子市は千葉県の最東端にあり、東と南を太平洋・北を利根川に囲まれた海洋性気候によって、冬は暖かく夏は冷涼。ミネラルたっぷりの潮風も野菜づくりを応援してくれます。実際、銚子の春キャベツ生産量は千葉県内一位。これは農薬に頼り、生産量を優先した結果でもあります。
萩原さんが約30年前、無農薬・無化学肥料に切り換えたきっかけは、同業者の中に農薬による健康被害が出たことです。動物性堆肥も使わず、籾殻と米ぬかを中心とした独自配合の有機肥料を使用し、「ミネラルアミノ酸微生物農法」を実践。化学肥料に頼らずに土づくりしたおかげで、地元でただ一人、春まで大根そしてキャベツの無農薬栽培に挑み続けています。

道南伝統食品協同組合(北海道函館市大船町)

道南伝統食品協同組合(北海道函館市大船町)

~不漁が続く天然真昆布~
昆布の主な産地は北海道です。特に高級品として知られる順に並べると、真昆布、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布(三石昆布)、長昆布となります。真昆布は主に津軽海峡から噴火湾沿岸で採れる道南産の昆布。中でも南茅部地方(現在は函館市)に産する「白口浜真昆布」は最高級の品質で知られ、蝦夷・松前藩の時代から宮廷や幕府に献上されていました。北前船で大阪へ運ばれた真昆布は、大阪のだし文化を支えてきた立役者です。その天然真昆布の不漁が6年続き、水揚げ量は1/100ほどに激減しています。海水温の上昇などが影響しているようですが、詳しい原因は不明です。磯焼けのような海を見つめて、「こんな海になるとは思っていなかった」と嘆く漁師さんたち。大阪では老舗昆布店の廃業が続いている由。原料枯渇のため、ムソーの「函館産・天然真昆布」は中止となり、道南伝統食品協同組合から「函館黒口浜産・天然真昆布」を数量限定でいただいている状況です。

~50年前から取り組む養殖技術~
天然真昆布がほとんど採れないのに真昆布が流通しているのは、約50年前に確立した養殖技術のおかげです。南茅部は「養殖昆布漁」発祥の地でもあるのです。天然の昆布は収穫まで2年かかる上に、その年によって水揚げ量が変わる不安定な仕事です。昆布漁が終われば半年も出稼ぎに出ていた漁師たちは、養殖の可能性に賭けました。1966年に北海道区水産研究所の指導のもと、1年ものの促成昆布養殖に成功。1969年には本格的な養殖事業が始まり、生産は飛躍的に増大しました。昆布の養殖は、海中で行なう農業のようです。夏に種苗を育て、秋から冬にかけて綱に種付けして海中で育て、初夏まで間引きや水位調整など丹念に世話をして、真夏に水揚げします。「北海道函館産・真昆布」は、こうして育てた1年養殖物です。

~海の恵みに感謝して生きる~
 道南伝統食品協同組合は、南茅部の漁業者・加工業者が中心となって1991年に立ち上げた組合です。南茅部に起源を発する日本古代食文化の伝統を継承発展するため、生産者の顔が見える商品づくりに取り組んでいます。採った昆布を家族総出で干し、干し上がったら一枚一枚のし、形をととのえて出荷するまでが漁師の仕事。組合はそれを買い付けて品種や等級・部位ごとに分け、だし昆布用にカットしたり、とろろ昆布や昆布茶などに加工して出荷します。

南茅部の海の恵み 道南伝統食品協同組合の昆布

南茅部の海の恵み 道南伝統食品協同組合の昆布

★〈道南〉函館黒口浜産・天然真昆布〈80g〉
風味がよくコクのある出汁がとれる、高級だし昆布です。黒口浜産の真昆布は、最高級の白口浜産に並ぶ高級品で、白口よりやや濃いめの出汁がとれます。使いやすい15cmサイズカット、チャック袋入り。
680円(本体価格) 735円(税込価格)

★〈道南〉北海道函館産・真昆布〈150g〉
北海道函館産の真昆布(1年養殖物)をご利用しやすい大きさにカットし詰めた、お徳用のだし昆布です。お求めやすい価格のため普段使いの家庭料理に向いています。
860円(本体価格)929円(税込価格)

★〈道南〉函館産とろろ昆布(富士酢使用)〈25g〉
北海道道南地区の「函館産真昆布」ととろみ豊かな「がごめ昆布」を7:3でブレンド。1枚1枚丁寧に京都・飯尾醸造製の富士酢に浸し、ゆっくり熟成させ、削りだしたとろろ昆布です。
380円(本体価格)411円(税込価格)

クリスマスシーズンアイテム2020

クリスマスシーズンアイテム2020

★(ディー・ブレーン)ミニチーズタルト・アソート〈3種〉
1,800円(本体価格) 1,944円(税込価格)
チーズの風味が楽しめるプレーン、濃厚な味わいのチョコレート、高知名産の香り豊かな土佐茶の3種の味を楽しめるチーズタルトアソート。

★( 沓掛冷食)海老とブロッコリーのトマトソースグラタン〈170g×2〉
720円(本体価格) 778円(税込価格)
有機トマトピューレのソースにマレーシア産天然えびと国産野菜、有機ペンネを使ったトマトグラタン。トッピングによつ葉のチーズをたっぷり使用しました。

★〈カルネボーナ〉プロシュート・生ハム〈50g〉
850円(本体価格)918円(税込価格)

★〈マース〉クマンベール(天草の塩使用)〈150g〉
1,400円(本体価格)1,512円(税込価格)

★〈マース〉益城ヤング(天草の塩使用)〈100g〉
700円(本体価格)756円(税込価格)

令和三年ムソーのお正月おせち・お煮しめ

令和三年ムソーのお正月おせち・お煮しめ

★<ムソー>おせち料理「祝」セット〈21品目(3~4人前)〉
20,000円(本体価格) 21,600円(税込価格)
おせち定番の蒲鉾・黒煮豆・田作り、色鮮やかなサーモン、有機野菜を使ったお煮しめなど、豪華でボリュームのある袋詰めおせち料理のセットです。

★<ムソー>迎春カステラ〈2本〉
2,500円(本体価格) 2,700円(税込価格)
膨張剤を使用せずに卵をたっぷり使用したカステラです。迎春の焼き印入り。はちみつ・抹茶の2種類セットです。

★<庄内協同ファーム>有機しゃぶしゃぶ餅・玄米〈120g〉
380円(本体価格)411円(税込価格)

★<庄内協同ファーム>有機しゃぶしゃぶ餅・白米〈120g〉
380円(本体価格)411円(税込価格)

★〈ムソー〉産椎茸大粒どんこ〈45g〉
820円(本体価格) 886円(税込価格)
★〈ムソー〉大分産椎茸小粒どんこ〈45g〉
730円(本体価格) 788円(税込価格)
★〈ムソー〉大分産椎茸こうしん〈80g〉
1,100円(本体価格) 1,188円(税込価格)

★〈ムソー〉有機生芋板こんにゃく・広島原料〈250g〉
250円(本体価格)270円(税込価格)

★〈ムソー〉有機大豆使用にがり高野豆腐〈6枚〉
600円(本体価格) 648円(税込価格)

★〈ムソー〉有機大豆使用にがり凍み豆腐〈6枚〉
400円(本体価格) 432円(税込価格)

★〈ムソー〉有機大豆使用にがり凍み豆腐・さいの目〈50g〉
320円(本体価格) 346円(税込価格)

★〈ムソー〉かんぴょう〈40g〉 
490円(本体価格)529円(税込価格)

12月のNEWS

12月のNEWS

~新商品~
★〈無双本舗〉乾燥れんこん〈40g〉
熊本県産の特別栽培れんこんを薄くスライスして乾燥させました。
420円(本体価格) 454円(税込価格)

★〈トレテス〉ローシクOGチョコレート・ハイカカオ77%〈37g〉
オーガニックカカオ・クリオロのみを使用。高カカオチョコレートとは思えない驚きの口どけ。
500円(本体価格)540円(税込価格)

★〈トレテス〉
ローシクOGチョコレート・ストロベリー〈37g〉
有機ストロベリーをブレンドしたフレーバータイプ。爽やかな酸味と甘さの絶妙なバランス。
500円(本体価格)540円(税込価格)

★〈トレテス〉
ローシクOGチョコレート・マイルド〈37g〉
カカオ50%のマイルドタイプ。乳製品不使用とは思えない驚きの食べやすさ。乳アレルギーの方にも。
500円(本体価格)540円(税込価格)

★〈ムソー〉
有機新芋角こんにゃく・広島原料〈370g〉
今年収穫した有機こんにゃく芋から作った厚切りの角こんにゃくです。厚さ3.5cmで定番の板こんにゃくの約1.5倍の厚み。
大きめに切って歯ごたえを楽しめます。数量限定。

水の子会(熊本県八代郡氷川町)

水の子会(熊本県八代郡氷川町)

水の子会の原点は、水俣病に苦しむ人達との出会いです。約40年前、まだ若い父親だった上村茂則さん(71才)は、胎児性水俣病の子どもたちと我が子の姿が重なり、「このまま農薬を多投する農業を続けていたら、いつか自分が加害者になってしまうのではないか」と恐れを抱いたそうです。当時まだ珍しかった有機農業への転換をはかり、変人扱いされながら苦闘を重ね、1991年に志を同じくする仲間と水の子会を創設。以来、安全な農産物の栽培と普及に努めてきました。水の子という名前は「水の恩恵を、そして水俣病の教訓を忘れてはいけない」という想いから。石鹸運動、イグサを河川に植えるなど、きれいな水を守るための活動に長年、会を挙げて取り組んでいます。地域の環境保全とともに、ほんとうの野菜&柑橘に情熱を燃やして三十数年…若い生産者が根付き、頼もしい後継者が育ちました。いま会をまとめているのは、二代目の上村一宏さん(46才)、れんこん栽培とその加工品に燃えています。娘二人、三世代六人家族の素敵なファーミリーであり、生産者集団です。11月中盤からの水の子会の温州みかんは、格別にコクがあり“甘か!”。農薬を極力抑えているため見栄えは良くありませんし、糖度高く腐りやすのが難点ですが、年々ファンが拡大中の産地です。柑橘部会は20年以上も栽培勉強会を重ねて、7家族の生産者が同じコクのある味に努めています。【栽培品目】 温州みかん・柑橘類全般(特別栽培)、肥後あかね、蓮根、里芋、せり、新たまねぎ(野菜は農薬不使用)

新篠津村クリーンあやひめ生産組合 (北海道石狩郡新篠津村)

新篠津村クリーンあやひめ生産組合 (北海道石狩郡新篠津村)

<令和2年度産新米10月下旬~発売予定>

~日本の米どころ、北海道~
北海道は日本有数の米どころ。広い大地と豊かな水を活かして大規模で安定した米づくりに取り組み、作付面積・収穫量ともに新潟県に次いで全国第二位を誇ります。2000年代に入って、首都圏や関西圏でも北海道米の人気が高まっている理由は、そのおいしさにあります。「厳しい寒さに耐えられる米を、もっとおいしいお米を」と品種改良が次々に行われ、北海道はどこよりもたくさんの品種を誕生させてきました。「ななつぼし」「ゆめぴりか」など、新たなブランド米も続々誕生しています。「ムソー特別栽培米」は、北海道で安心安全な米作りに取り組む4つの生産者団体を厳選、それぞれが一押しするおいしい品種を出荷していただきます。いずれも地力を活かし、環境への負荷をできる限り低減した栽培方法による「特別栽培米」です。


~玄米食に最適、炊飯器でも炊ける「あやひめ」~
新篠津村の井伊秀一さん(51才)とは、ムソー特別栽培米スタート当初からのお付き合いです。玄米食に適した品種を探していた当時のムソー社長が、「新篠津村の井伊さんが栽培する“あやひめ”がおいしい」と聞いて、田んぼに直行。炊飯器で玄米ごはんを炊いてもらい、もちもちした食感と食べやすさに驚いたそうです。あやひめは北海道の低アミロース米(粘りがあって柔らかな米)のさきがけとして、2005年に奨励品種となったお米。「もちもち柔らかい玄米ごはんが手軽に炊ける…ムソーのお客様にぴったりだ。ぜひ志ある仲間を集めて、生産組合を作ってください」。この出会いをきっかけに井伊さんは、新篠津村クリーンあやひめ生産組合を結成。4名で発足した組合が5名になり、さらに昨年からメンバーの息子さん2名が後継者として加わりました。栽培面積は組合全体で10ha、農薬7割減・化学肥料5割減の特別栽培です。

~食べる人の健康に貢献したい~
田んぼには今シーズンから魚エキスを施肥し、うまみと甘み向上を目指しました。さらにサンゴ石灰を投入して土壌のミネラル分を高めることで、玄米のミネラル分もアップ、食べる人の健康に貢献できればと願っています。9月現在、台風の被害もなく生育は順調で、豊作が期待できそうです。井伊さん一家のふだんのごはんも、あやひめ一筋。玄米と白米をブレンドして黒豆を少し混ぜ、一晩浸水して炊くのがお気に入りです。「見た目も味も、ほんとに食欲が湧きます。個人の感想ですが、お通じと肌の張りがよくなった気がする」と井伊さん。新米あやひめで、皆さんもお試しください。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ