NEWS
大盛況でした「ムソー大商談会」

大盛況でした「ムソー大商談会」

年に一度の「ムソー大商談会」は、ムソーとメーカーとお客様が一堂に会し、顔を合わせて情報交換できる貴重な場です。両日ともおかげさまで大盛況。約90社のメーカー出展ブースでは、生産者とお客様の熱心な交流も見られました。
たくさんのご来場、本当にありがとうございました。

平田産業 (福岡県朝倉市甘木)

平田産業 (福岡県朝倉市甘木)

 菜の花畑に 入日薄れ 見渡す山の端 霞ふかし…唱歌「おぼろ月夜」に歌われた春の風景です。菜種はかつて日本各地の農村で栽培され、地元の搾油屋さんで炒って搾って菜種油となり、家庭の調理油として広く庶民に使われてきました。
 平田産業の創業は1902年、菜種の特産地だった福岡県筑後平野の一角に搾油業を興し、1929年から本格的に「純正ナタネ油」の製造販売を始めました。かつてはすべて国産菜種を使っていましたが、国産原料の確保が難しくなり、1967年頃から主にカナダ産菜種を使用。1996年、カナダで遺伝子組み換え(GM)菜種の商業栽培が始まったのを機に、オーストラリア産100%に切り替えました。
 現在は南オーストラリア州の非遺伝子組み換え菜種を輸入しています。ムソーの「純正なたねサラダ油」は、このオーストラリア産非遺伝子組み換え菜種だけを使った圧搾一番搾りのサラダ油です。

中尾食品工業の手結び しらたき

中尾食品工業の手結び しらたき

・国産有機生芋100%手結びしらたき4個(50g×4)¥320(本体価格) ¥346(税込価格)

 製粉されたこんにゃく粉を一切使わず、広島県で有機栽培された生芋を100%使用。 こんにゃく芋は鮮度を保つために産地から土付きで仕入れ、水洗いして一年分を冷凍保管して使用します。
 生芋を水中で一晩かけて解凍し、皮ごと丸ごと時間をかけてすり潰し、水と混ぜて「こんにゃくのり」を作り、熟成させます。皮が入っているので、色はこんにゃく本来のものです。海藻粉末は加えません。
 凝固剤として消石灰などを使用せず、木灰を溶いた水の上澄みだけを抽出したアク水と、補助的にホタテの貝殻を焼いて作ったカルシウムを溶いたアク水を使用。木灰も、農薬の使用されていない間伐材を自社で燃やして作ります。

ムソー 北海道 特別栽培米 平成30年度新米

ムソー 北海道 特別栽培米 平成30年度新米

ここ数年、首都圏や関西圏でも北海道米の人気が高まっている理由は、そのおいしさにあります。
特に北海道産「ゆめぴりか」「ななつぼし」は、全国規模の食味ランキングでも、8年連続で特A評価(※)を獲得。おいしさの面で、魚沼産コシヒカリと匹敵するほどの評価を得ています。

11月のNEWS

11月のNEWS

★新商品
・黒枝豆とうふ130g ¥169(本体価格)¥183(税込価格)
★リニューアル商品
・生玄米甘酒一日一麹乳酸菌入り140ml ¥280(本体価格)¥302(税込価格)
★再開商品
・炙りいか輪切り100g ¥600(本体価格) ¥648(税込価格)
・純国産オーガニックポテトのチップスうすしお60g ¥210(本体価格)¥227(税込価格)
・純国産オーガニックポテトのチップスのりしお55g ¥210(本体価格)¥227(税込価格)
・ナチュラルチョコレート・各種 各60g 各¥360(本体価格)各¥389(税込価格)

2018 年末商材パンフレット

2018 年末商材パンフレット

◆クリスマス Christmas PARTY SELECTION2018
みんなの心と体にやさしくおいしいパーティーメニューを揃えました。
ご注文締切日:12月3日(月)

◆2018 Winter冬の厳選ギフト
ご注文締切日:12月14日(金)

◆ムソーのお正月料理平成三十一年
伝統の味、素材の持ち味 それらを生かした、こだわりの逸品。
ご予約締切日:12月7日(金)

特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(30年度産)

特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(30年度産)

 「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」とは、農薬や化学肥料を使用しない農産物や使用を節減して栽培された農産物の生産や表示について、生産、流通、販売に携わる人たちが守るべき一定の基準を定めたものです。

左記の表は、「農林水産省新ガイド ラインによる表示」の中の化学合成資材の使用状況です。
現在は、平成30年(2018年)収穫の北海道特別栽培米について記載しております。

AUGA 有機野菜スープ

AUGA 有機野菜スープ

 ここ数年、都心の一等地で“食べるスープ”や“ごちそうスープ”をコンセプトにしたスープ専門店が、女性を中心に人気です。2016年度のスープ市場は1,545億円(前年比3.5%増)に拡大、2017年度も2.3%増の見通し。今後も目が離せません。
 このトレンドを受けて、むそう商事は、女性を意識した高品質なスープの開発に着手しました。譲れない条件は、日本のお客様に受ける味わい、メインディッシュになる満足感、晴れの日にもふさわしいリッチな食感。そうして世界最大のオーガニック見本市「Biofach(ビオファ)」で試食し、惚れ込んだのがAUGA有機野菜スープです。
 AUGA社は、欧州バルト海沿岸のリトアニアにあるヨーロッパ最大クラスの有機農業生産者グループです。そのビジョンは、Affordable organic food in the most sustainable way(オーガニックを持続可能な方法で実現し、お手頃価格で提供すること)。
 ビジョン実現のために、農場の土作り(化学物質による汚染防止・オーガニック肥料のみによる大地の肥沃化・輪作実施)に取り組んでいます。テクノロジーの面では、最新技術の機械を使用するとともに、自然の原理に従った有畜複合農業(作物栽培・酪農業と養鶏・きのこ栽培が循環、バイオガス機械も動かす)を実践しています。