SDGs、それはムソーの事業そのもの。

SDGsは全世界が取り組むものとして国連で採択されています。すなわち、世界のあらゆる人、そして企業にとっても共通の達成目標です。ムソーも企業として、国際目標の達成に貢献する責務があります。17のゴールを見つめるうちに、マクロビオティック・オーガニックの普及と拡がり、つまりムソーの事業そのものがSDGsの取り組みにつながっている、と目を開かれました。マクロビオティックの真髄は、「地産地消・身土不二、一物全体」。オーガニックは「自然環境や生態系への付加が少ない生産方法」。これらを広げる事業によって、素晴らしい社会づくりに貢献する。 

SDGs(持続可能な開発目的)とは。

持続可能な開発目的(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。(外務省HPより)

ムソーの目指す姿

Our goals

  • マクロビオティックの啓蒙活動
  • 日本の伝統食品の継承
  • 有機農業の支援
  • 有機食品の推進
  • フードロスの削減
  • 地域の生活者支援
  • 生産・流通・販売への架け橋
  • 事業所地域での環境向上
マクロビオティック・オーガニックのリーディングカンパニーを目指して。

ムソーでは中期経営計画をもとに、数値目標を設定し、実行計画を立てています。加えて、長期的行動指針として、SDGsのゴールを意識した事業活動を行います。そして、各部門ごとで具体的なSDGsへの取り組みを掲げます。ムソーの提供価値は3つ。「環境保全」「安心できる食べ物」「健康な生活方法」。これをムソーのSDGs宣言とし、課題達成の期限は2030年としています。すでに取り組んできた課題もあれば、これから真剣に取り組むべきものも。社員全員が真剣に向き合い、さらなる課題を洗い出します。

志高い販売店様、生産者様、メーカー様とのご縁が私たちの誇りと強み。

全国各地にて活躍されムソーと永くお取引を頂いている販売店さんや生産者さん。ムソーがSDGs宣言をするもっと前から具体的な取り組みをしている方々がたくさんおられます。志の高い皆様とのご縁が私たちの誇りであり、強みです。お取引を通して交流をもっと深め、次世代のために知恵を出し合える関係を築いていきます。たくさんの方々との結びこそ、ムソーの役目となります。

ムソーがすでに取り組んでいる課題

Issues woking on

※2019年8月17日時点

社内活動

Internal activities

ムソーは企業としてのSDGsはもちろん、社内でのSDGs活動にも力を入れています。各スタッフが意識することで、さまざまな効果を期待しています。チームを組み、それぞれの意見やできることを話し合い、まずはチームとしてのSDGsを発表することを目標にしています。

SNS

Social network

私たちのSDGs宣言

持続可能な社会を次世代に手渡すために。

(c)2019 MUSO.co.,Ltd