NEWS

生産者紹介

出雲たかはし(島根県出雲市加茂町)

出雲たかはし(島根県出雲市加茂町)

「出雲たかはし」

~生麺ならではの弾力~
街で「冷やし中華始めました」の張り紙を見ると、初夏の訪れを感じます。甘酸っぱく、さっぱりした冷やし中華は日本の夏の風物詩。ムソーでも夏季商品として「自然伝麺・ごまだれ冷麺」「自然伝麺・しょうゆ冷麺」をお届けしています。
市販の冷やし中華は、生麺、乾麺、即席袋麺の3タイプがあります。即席袋麺には、たいてい“生麺のようなおいしさ”というキャッチフレーズが…つまり、生麺がいちばんおいしいということ?「その通り。生麺には、乾物がどう頑張っても再現できない“弾力”があります」と、出雲たかはしの樋野秀治さん。
出雲たかはしは昭和24年創業。水車小屋での石臼挽きから始まり、蕎麦づくりで培った製麺技術を活かして、ラーメンやうどんなど様々な麺づくりに挑戦してきた製麺のプロです。
~2種類の北海道産小麦をブレンド~
「自然伝麺・冷麺」の麺は、「自然伝麺・らーめ
ん」と同じ。国内産小麦粉を100%使用した生麺です。小麦粉は、2種類の北海道産小麦を使用。粘りのある「夢ちから」と製麺時にほぐれの良い「きたほなみ」をブレンドすることで、風味を活かしつつ、のど越しが良く、コシのある麺に仕上げています。また、かん水の代わりに「貝殻焼成カルシウム」を配合することで、アルカリ麺独特のコシを与え、小麦の風味をより感じる麺となっています。
~三段熟成でコシを出す~
製造上の最大のこだわりは「三段熟成」です。まず原料を真空混合し、そぼろ状になっ
た生地を熟成して小麦粉と水をなじませ、グルテンを生成しやすくします(生地熟成)。次に生地を大径ロールで圧延して粗麺帯にした後、一定時間休ませて、グルテンの構造を緩めます(麺帯熟成)。さらに三段ロールで圧延して麺線を切り出しウェーブをつけてから、個包装の状態で熟成し、麺の中の無駄な空気を抜くことで、小麦のつながりを密にし、麺に透明感とコシを与えます。(麺線熟成)。この三段熟成によって、国内産小麦のネックであるコシの弱さを感じさせない麺に仕上げています。たれがほどよく絡む、中太の縮れ麺です。
~厳選調味料のたれ2種~
たれは、風味豊かな胡麻だれタイプと、あっさり醤油タイプの2種。ヤマヒサ純正濃口醤油、内堀醸造の純米酢、無双信州味噌など厳選調味料を使用したストレートタイプです。キュウリの細切り、薄焼卵、ハム、カイワレ、トマト、からし等を加えると、一層おいしく召し上がれます。樋野さんオススメの具は、「ごまだれ冷麺にゴボウサラダ(なるほど!)、しょうゆ冷麺に白菜の浅漬け(秀逸)、どちらにも合うキムチ(まさに王道)」だそうです。

■自然伝麺・ごまだれ冷麺〈2人前〉
胡麻・味噌・本醸造しょうゆを使った、風味豊かな胡麻だれタイプです。
460円(本体価格)497円(税込価格)
■自然伝麺・しょうゆ冷麺〈2人前〉
本醸造しょうゆ・純米酢を使った、あっさり味のしょうゆタイプです。
460円(本体価格)497円(税込価格)

ミエハク工業(三重県津市一身田)

ミエハク工業(三重県津市一身田)

~国産大麦にこだわる麦茶~
初夏の麦の刈り入れの季節を「麦秋」「麦の秋」といい、大麦や小麦が熟して畑一面が黄金色になる初夏の季語です。“秋”は穀物が成熟して収穫を迎える時期を意味します。麦秋という美しい言葉が残るわが国ですが、日本の小麦の自給率はわずか12%、大麦・はだか麦は9%しかなく(※)、麦茶の原料に限ればカナダやオーストラリア、アメリカからの輸入に頼っています。そんな中、ミエハク工業では国産大麦にこだわった麦茶を加工しています。
※「平成30年度食料自給率について(農林水産省)」より

~砂炒り焙煎+四度炒りで、香ばしく~
原料大麦は主に三重県・滋賀県産、品種は麦茶に適した良質の六条大麦100%です。製法は一般的な熱風焙煎ではなく、昔ながらの「砂炒り焙煎」。鉄釜の中で熱した砂(粒状の珪砂)を循環させ、その中に大麦を通して炒り上げる方法です。砂の熱で麦の芯まで焙煎することにより、麦の香ばしい味と香りを引き出します。さらなるこだわりが、4台の釜を使用した国内でも珍しい「四度炒り」。それぞれの釜で温度設定を変え、じっくり丁寧に芯まで焙煎することで、より大麦の甘みと香りが引き立ちます。仕上げの四釜(最も高温になるレンガ釜)の遠赤外線効果によって、深みのある味わいに。夏場の室温は40℃、火の通りを見極める職人さんは汗だくです。

~ノンカフェインのやさしい味わい~
麦茶はカフェインを含まないので、赤ちゃんから妊婦さん、お年寄りまで安心して召し上がれます。眠る前の水分補給にもおすすめです。「今は麦茶もペットボトル入りを買う方が多いですが、ごくごく飲むお子さんがいれば1日1本でも足りないでしょう。ご家庭で作れば経済的ですし、プラスチックごみの削減にもなります」と、ミエハク工業の小林育子専務。「麦茶T.B<国内産大麦使用>」は、よく出るように粗く砕いて無漂白ティーパックに詰めてあるので、作り方も簡単。水出しは、ポットの水に入れて冷蔵庫で浸すだけ。湯出しは、やかんかポットで沸かしたお湯に1包入れて、好みの濃さになったら(1~2時間)取り出し、冷蔵庫で冷やすだけ。火加減を見ながら煮出す必要もなく、誰でも作れます。夏は冷やしてゴクゴク、秋から春までは熱い麦茶でほっこり…香ばしさとさっぱりした喉越しをお楽しみください。

■麦茶T.B<国内産大麦使用>〈8g×52袋〉
470円(本体価格) 508円(税込価格)

千葉産直サービス 千葉県千葉市若葉区

千葉産直サービス 千葉県千葉市若葉区

2017年の後半から大ブレイクした「サバ缶」。連日メディアで取り上げられ、スーパーの棚から姿を消すほどに。千葉産直サービスの「とろさば缶」も供給が追いつかなくなり、一時は長期欠品などご迷惑をお掛けしました。
 「ブームは嬉しかったけど、粗悪な原料を海外で加工して逆輸入するメーカーも現れて、試食すると、これがまずいんですよ。魚缶全体のイメージダウンになりかねない」と危惧するのは、千葉産直サービスの冨田正和さん。そんじょそこらのサバ缶と「とろさば缶」の違いを、改めてお聞きしました。
 千葉産直サービスの看板商品「とろ青魚缶」シリーズは、旬の脂ののった魚が獲れる時期に合わせ、年間販売分を数日間で限定製造します。とろさば缶には、秋から冬にかけて海水が冷たくなる頃、身がしまり脂がのって旨味が増す日本太平洋海域の秋サバ(マサバ)を使用します(原則銚子港水揚げ)。
 この旬のマサバのうち、寿司ネタに使えるほどの「鮮度」、とろ缶の証である「脂ののり」、鮮魚でも貴重な400~500g以上の「サイズ」が申し分ないものだけを買い付けるので、わずか数日間しか“最高の漁期”がない年も。一瞬の旬の見極めに、その年の生産量と品質がかかっているのです。
 「缶に詰める直前の魚の品質で、すべてが決まります。加工品メーカーではなく魚屋の感覚です」と冨田さん。素材に勝る調味料はない、と言い切ります。

本田商店 島根県雲南市木次町

本田商店 島根県雲南市木次町

 本田商店は、創業百余年の奥出雲そば専門店。自家製粉の挽き立てそば粉と小麦粉と食塩だけで作った、香り高い「奥出雲・生蕎麦(85024)」でおなじみです。
 本田商店のモットーは“食べて美味しい、身体に美味しい”こと。四代目・本田正次さんの娘さんがアトピーに悩んだ経験から、食品添加物や保存料は一切使用しません。保存料も酒精(アルコール)も使わないのに、賞味期限が長く常温保存ができる(生蕎麦は常温90日)のは、包装後に蒸気殺菌する独自の技術の賜物です。「そば湯までおいしい」と絶賛される理由は、ここにあります。
 そんな本田商店に8年ほど前、パスタマシーン!が据えられました。「若社長が買ってきた、と聞いてます」と、営業の庄司さん。五代目・本田繁さんの一声で、新たな挑戦が始まりました。

三源庵 京都府京都市伏見区

三源庵 京都府京都市伏見区

 三源庵は2006年創業のカステラ専門店。老舗の和菓子店がひしめく京都で、伝統と革新を融合した「京都カステラ」を創作しています。
 「私はカステラを、ジャパニーズ・トラディショナル・ケーキと呼んでいます」と、三源庵の山田喜雅さん。スポンジケーキは西洋から伝わったままの洋菓子ですが、カステラはポルトガルから伝わった南蛮菓子をもとに、日本で独自に発展した和菓子です。「400年前に渡来した丸い焼菓子に、水飴を加えてしっとりさせる工夫をし、形も四角く変えた。カステラ創作には、日本の長い伝統があるのです」。
 京都の街場は、古から職人の町でした。本物だけが残ってゆくこの街で、目利きしたシンプルな材料を使い、確かなおいしいものを創る精神と手法が、三源庵の「京都カステラ創作」。独自のカステラ生地を使い、職人が1本ずつ手巻きする「ロールカステラ」は、百貨店で行列ができる人気アイテムです。

ムソー農産物販売本格始動

ムソー農産物販売本格始動

 ムソーの農産物に対するこれまでの取り組みは、正直いって品揃えもボリュームも“まだまだ”でした。直営店ムスビガーデンを3店舗(大手通店、桜新町店、都立大学店)持ってみて、痛感しました。
 専門小売店では農産物の売り上げ割合が圧倒的に高いこと。お客様は毎日新鮮な野菜や果物がほしいので、農産物の品質と品揃えが充実すれば来店頻度がアップすること。そして何よりも、家族の健康を願い、安心安全でおいしい野菜を求めるお客様が、こんなにもいらっしゃること。
 私たちムソーは今秋から、農産物の販売に本格的に取り組みます。お届けするのは、厳しい「ムソー農産物基準(P2)」を満たした品です。具体的には有機農産物、及び有機転換期間中農産物を優先し、基本姿勢に沿った特別栽培農産物を取り扱います。
 じゃが玉人参、大根、キャベツ、レタス、トマトなどの基本品目は、南北に長い日本列島の産地をリレーして、一年じゅう安定してお届けします。菜花、にんにくの芽、グリーンピース、とうもろこしなどは旬だけのお楽しみ。生落花生や島らっきょうなどの個性派もご用意します。

武久 福岡県筑後市長浜

武久 福岡県筑後市長浜

 乾物は古来より日本人に食されてきた、伝統的な保存食材です。天日や風にさらし、水分を抜くことで保存性・栄養価が高まるだけでなく、うま味や食感も増します。
 乾物のなかでも身近な「乾し椎茸」ですが、現在日本で流通している乾し椎茸の60%以上は中国産で、そのほとんどが味・香り・歯ざわりの悪い菌床栽培です。このままでは本物の乾し椎茸のおいしさを知らない人が増えるのでは、と危惧してしまいます。
 ムソーの「大分産椎茸」はその名の通り、大分県産の原木栽培椎茸をゆっくり時間をかけて乾燥させた逸品。市販の中国産と食べ比べれば、その差は歴然です。

ヤマヒサ 香川県小豆島小豆島町

ヤマヒサ 香川県小豆島小豆島町

 「全国1200軒の醤油屋のうち、麹からつくっているのは200軒あまり。あとは地域の醤油組合や大手さんから生揚(きあげ)醤油を桶買いし、火入れと濾過だけして、ラベル貼って販売しておられます」と、ヤマヒサの四代目・植松勝久さん。醤油造りの要である「一麹(麹づくり)、二櫂(もろみの撹拌など熟成管理)、三火入れ(仕上げの加熱)」の一と二を手掛けないで、何の醤油屋か…と嘆きたくなりますが、大量生産の安価な醤油を選んでしまうユーザーにも責任があります。
 「他社の醤油とうちの醤油の違いを知った上で、選択してほしいですね」…小豆島なまりの穏やかな口調に、プロの誇りがにじみます。「頑固“本生”濃口醤油」を中心に、ヤマヒサのこだわりを改めてお聞きしました。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品