NEWS

商品紹介

ナチュラムーンタンポン

ナチュラムーンタンポン

 2012年、“コットン100%のトップシートと高分子吸収剤不使用を両立した生理用品“として誕生したナチュラムーンのサニタリーラインナップに、待望のタンポンが加わります。
 欧米では生理期間にタンポンを使用される方が多いですが、日本では多くの方がナプキンを使用されています。自然志向の女性向けに、洗って繰り返し使える布ナプキンやナチュラムーンの紙ナプキンなど、化学製品使用ナプキンに対しての代替提案が進んでいます。しかし、タンポンに関しては、並行輸入で海外製のオーガニックコットンタンポンを購入できるものの、一般の店頭で手軽に購入することはできません。そして日本の薬機法に則っている商品の吸収体は、全て化学繊維のタンポンです。
 そこでG-Place(旧・日本グリーンパックス)では「日本の女性にも安心安全で快適なタンポンを!」と、2016年から商品開発に取り組みました。納得いくまで試作を重ねた結果、100%オーガニックコットンを吸収体に使用した「ナチュラムーンタンポン」が完成しました。

もっと使える! 本格カレーペースト

もっと使える! 本格カレーペースト

ムソーの『果実と野菜の本格カレーペースト』は、小麦粉・油脂類・化学調味料を使用せず、果実、香味野菜をたっぷり使用したインド風本格カレーペースト。なめらかなペースト状なので、他の食材と混ぜたり、パスタを和えたり…様々な料理に使えます。

「じんわり・あったかい」貼る生姜

「じんわり・あったかい」貼る生姜

 マクロビオティックの手当て法「生姜湿布」は、ひね生姜をすりおろしてお湯で抽出した液にタオルを浸して、患部に当てがいます。生姜成分が体の部位に直接作用して、じんわり温かくなり気持ちいいのですが、保存がきかないので、そのつど生姜をおろすのが大変です。ティーバック入りの「(無双本舗)生姜粉末」ならおろす手間がありませんが、お湯とタオルは必要です。
 もっと手軽で、しかも誰でも安心して使える品を探して、奈良の老舗湿布メーカー・吉田養真堂の「ホットパッチ」を発見。肩に貼って30分ほどで、じわじわ温かくなり、「これはいい!」と惚れ込みました。冷えが気になる同僚女子はもちろん、肩や腰が疲れる先輩男子も「これなら出張先でも使える」と感激。今回、うれしいデビューとなりました。

QuantoBasta 国産無薬剤の木製品

QuantoBasta 国産無薬剤の木製品

 QuantoBastaとはイタリア語で“適量”。大量生産ではなく適量生産にこだわることにより、お届けできる商品や価値があると考えています。国産無垢材を使い、職人達の技術と誇りによってできたオリジナルのライフスタイルブランドです。
 日本は国土の2/3が森林に覆われ、先進国の中では有数の森林王国にも関わらず、木材自給率は食品よりも低い約36%。これは、価格が安い外材が大量に輸入されるから。「豊かな森林を適正に管理し、保水力のある安全な状態を維持するためにも、日本の林業を支えていくのは大切なことです」と、代表の中田千賀さん(46才)。
 国産材を使った身近な良品を多くの人が愛用することが、日本の林業を支える一助となります。また、木地の加工や拭き漆塗りなど、職人技の伝承にもつながります。

秋田の名産 いぶりがっこ

秋田の名産 いぶりがっこ

 冬の訪れが早い秋田では、冬場の食糧確保のため、漬物など保存食を作る文化が根付きました。「いぶりがっこ」は、その代表作。発祥は秋田県横手市といわれ、県南地区を中心に古くから伝わるお漬物です。
 大根をぬか漬けにする際、一般的には天日干しして漬け込みますが(いわゆる「たくあん」)、冬の秋田は日照時間が短く、氷点下の野外では凍ってしまうため、屋外に干せませんでした。そこで昔の農家では、屋内の梁(はり)などに吊るして干しました。囲炉裏の上に吊るされた大根は自然と燻され、その大根を漬けたことが「いぶりがっこ」の由来とされています。
 マルアイ食品の「秋田名産いぶりがっこ」は、この伝統食を、こだわりの原材料で現代に再現した逸品です。製造はいぶりがっこの本場、秋田食産(秋田県仙北郡)に委託しています。

冬だけのお楽しみ ナチュラルチョコレート

冬だけのお楽しみ ナチュラルチョコレート

乳化剤や植物性油脂を使わずにカカオバターだけで練り上げた、一口サイズの本格派。香料も一切不使用。カカオの香りがお口の中で瞬時に広がります。おいしさはもちろん、お手頃価格も人気です。

muso2019年 おひな祭り

muso2019年 おひな祭り

 「あられの金餅糖」は、ぶぶあられに糖衣をまとわせた、金平糖あられです。見た目は小粒のコンペイトウですが、ひと粒口に入れて噛んでみると…シャリシャリ小気味よい食感と、甜菜糖の控えめな甘みの奥に、あられの香ばしさが現れて、驚くと思います。
 この品は京あられの名店・藤沢永正堂(京都市南区上鳥羽)の自信作。原料のもち米は、粘りと甘みがある良質の国内産もち米を選び、必要な量だけを毎日、玄米から自家精米します。昔ながらのせいろ蒸し、杵による餅つき、できた餅生地を干しては寝かせて乾かして、焼き上がるまで約10日間かかる藤沢永正堂のあられは、お米の風味がしっかり味わえる逸品なのです。

春も快適に

春も快適に

肌にやさしい使い捨てマスク
・ ナチュラムーン・毎日使える オーガニックコットンマスク 7枚  ¥780(本体価格) ¥842(税込価格)
肌側の生地はオーガニックコットン100%、ふんわりとやさしい肌触り。肌への刺激を減らすために、耳ゴムの接着面を外側にしました。やわらかく幅の太い耳ゴムを採用で、長時間の装用も快適です。

メチル化カテキンたっぷり
・ べにふうき緑茶・TB 2g×20個  ¥600(本体価格) ¥648(税込価格)
フルーティーな香りで渋みの強い、紅茶用の品種「べにふうき」をティーバックタイプの緑茶に仕上げました。