NEWS

ホットトピックス

東ケ崎茂喜さん( 茨城県小美玉市)

東ケ崎茂喜さん( 茨城県小美玉市)

~肉厚で、噛むたびに甘みが出る“にら”~

日本のにらの生産量で第3位を誇る茨城県(平成27年度統計)の中でも特に生産量が多いのが、小美玉地区や鉾田地区。その一大産地の中で、こだわりのスタイルを貫く東ケ崎茂喜さん(63才)。年間を通して複数の野菜を作る農家さんと違い、本当に「にら」一筋です。にらは播種(種をまくこと)から収穫まで、1年以上かかります。びっくりするくらい長い時間をかけて、にらは育ち、皆さんの手に届くのです。東ケ崎さんのにらは本当に歯触りが良くさくさくと噛み切れ、肉厚で噛むたびに甘みが出てきます。肉厚のにらを作る工夫は?「ふつうはだいたい3粒程度の種を一か所に播いて、育ちを見て間引いたり等の調整をするんですが、私は1か所1粒播き。リスクはあるけど、その方が株がしっかりと育って太くたくましい、肉厚なにらができるんですよ」。実際に芽が飛んでしまって播き直しなんてザラ。普通の倍近い労力を惜しみなく使います。播種も毎日の栽培も、清潔かつ綺麗な選別場についても、やれるだけのことはやる。農家というよりも、洗練された「匠」のこだわりが随所に見受けられます。「おいしいにらを届ける」、その一念で取り組む自慢のにらをぜひご賞味ください。東ケ崎さんおすすめの料理は「にらしゃぶ」!相性が良いのは豚肉などちょっと脂っけがあるもの。にらをざく切りにして、しゃぶしゃぶと同じ要領で食べるんですが、これが本当においしい。にらの風味と甘みが際立つ料理です。

𠮷田孝吉さん(茨城県行方市)

𠮷田孝吉さん(茨城県行方市)

~これぞ本物の大葉(青じそ)~

茨城県行方市(旧北浦町)はなだらかで平たい土地が多く、数多くの農家さんたちが日々切磋琢磨し、たくさんの農産物を育てている地域。吉田孝吉さん(70才)は、その中でも40年以上大葉(青じそ)栽培を続け、今では「匠の一品」ともいえる品質で“知る人ぞ知る”存在です。 かつて慣行栽培で大葉を作っていた頃、自身の体調不良を感じて悩んだ時に、有機栽培を目指す先駆的な生産者団体と出会い、転機を迎えました。初めて「有機」という概念にふれ、微生物の力を借り発酵をしっかりと行った有機質肥料をたっぷりと使い、ミネラルバランスを考えた元気な土づくりに転換。「大きな栽培方法の変更というのは、万が一、全く大葉が育たなかったらと考えると、夜も眠れないほど不安だった」とのこと。でも、出来上がった大葉の品質を見たとき、あぁ、これで良かったんだなと心底思えたそうです。それから片時もその時の感動を忘れず、真面目に、ひたすら有機とは何か?を考え、書物、勉強会を通して自分と大葉の在り方を模索し続け、今の形にしてきました。 大葉は日本に古くからある香草の一種。独特の香りと、鼻を突き抜けるような爽やかな風味が特徴です。そのまま刻んで薬味、お刺身の食べるつま、天ぷら等意外なほど調理方法が多いのもおすすめの一つ。初夏らしい爽やかさのある大葉をぜひご堪能下さい!

事務所移転のお知らせ

事務所移転のお知らせ

■事業所移転のお知らせ
このたび営業活動並びにサービス業務をより一層強化充実するため、本社部門と西日本営業部の事業所を下記の通り
移転することとなりました。
 尚、これまで併設の物流センターにつきましては移転せず、「ムソー西日本物流センター」として従来通り運用してま
いります。詳細につきましては、改めてご案内申し上げます。

◎移転先 〒540-0024 大阪市中央区南新町1-3-8 MUSO BLDG 
本社部門(管理部、商品部、品質管理室)、西日本営業部
※登記上の本社(大阪市中央区大手通)の移転はございません。
※グループ会社の(株)むそう商事と事業拠点が同一となります。

◎ 電話番号 電話番号、FAX番号は変更いたします。改めてご案内いたします。

◎ 業務開始日 令和3年8月を予定しております。改めてご案内いたします。

◎ 物流センター 従来通り 〒593-8323 大阪府堺市西区鶴田町28-7 ムソー西日本物流センター

■令和3年6月から 「 営業許可制度」の見直しと「営業届出制度」の創設食品衛生法の改正に伴い、食中毒のリスク等を踏まえ、営業許可が必要な業種についての見直しが行われました。また、営業許可を要する業種以外の食品等事業者を対象として、営業届出制度が創設されました。再編された新許可業種・届出業種は、令和3年6月1日から適用されます。

◎ 営業許可業種について
(32業種に再編)営業許可制度が見直しされ、営業許可が必要とされる業種は、32業種に再編されました。
ご自分の営業内容と、別紙①「営業許可業種(全32業種)チェックシート」を照らし合わせ、チェックが付いた項目は、営業許可が必要と考えられる業種です。取得されていない場合、管轄の保健所へご相談ください。

◎ 営業届出制度について(新設)
 食品衛生法の改正により、原則すべての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理の実施が求められます。それに伴い、営業許可業種以外の営業であっても、行政がその施設について把握し、指導していく必要があるため、営業届出制度が創設されました。これまで保健所への届出をしていなかった営業者も今後は届出が必要となる場合があります。詳細は「営業届出業種の設定について(薬生食監発1217第3号)」をご覧ください。届出の必要性が判断できない場合、管轄の保健所へご相談ください。(ムソー株式会社 品質管理室)

有機バナナ~生命あるバナナを、手から手へ~

有機バナナ~生命あるバナナを、手から手へ~

有機バナナには、産地ごとに物語があります。例えば「スィートオーガニック」は、フィリピン・ミンダナオ島の海抜600~900mの高地で、村の小規模生産者たちが自立した生活を送るため、自分たちの土地を大切に守るバナナ作りに励んでいます。エクアドルの「スィートバレリー」も、コロンビアの「サンタマルタ」も、環境に配慮した畑で、バナナ生産労働者の暮らしを守りつつ栽培しています。害虫の上陸を防ぐため、バナナは未成熟な青い状態で輸入することが植物防疫法で義務付けられています。植物検疫で病害虫が見つかった場合は、燻蒸処理(密閉倉庫の中で農薬を燻蒸して虫を死滅させる)が行なわれますが、燻蒸の有無は表示義務がないので、店頭では見分けられません。手間と愛情を込めて有機栽培したバナナも、万一燻蒸されると有機JAS認証が受けられなくなり、一般のバナナとして流通することになります。逆に言えば、バナナの有機JASマークは、ポストハーベスト農薬はもちろん、燻蒸処理もされていない証です。 植物検疫をパスした青バナナは、専門業者の室(ムロ)で黄色く追熟して出荷します。酸味が好きな方はお早めに、甘みと香りを楽しみたい方は、皮に茶色い斑点(シュガースポット)が出たら食べ頃です。

草枕グループ・右田忠利さん(熊本県玉名市天水町)

草枕グループ・右田忠利さん(熊本県玉名市天水町)

輸入率がひじょうに高いレモンとグレープフルーツ。これらはほとんど、輸出の際に防カビ剤が使用されます。防カビ剤にはOPPやTBZ、イマザリルなど、日本では農薬として認められないような強力な薬剤が使用され、たびたび残留が検出されて問題になりました。その背景からレモンは国産品が見直され、支持者も多いですが、国産のグレープフルーツはほとんど作られていませんでした。そこで20年ほど前に草枕グループの右田秀利代表(69才)が「俺が作る!」と枝を入手し、栽培を開始したのです。品種は「ホワイト」。昔なつかしい酸味が強めの品種ですが、香り高くさっぱりとした味わいで、酸味が強すぎる方は砂糖をまぶしたり、大人の方はワインやブランデーをかけてもおいしいです。現在は元警察官の長男、忠利さん(41才)が後を継ぎ、家族で約8ヘクタールの柑橘果樹園を経営しています。忠利さんは東京農大で植物学を学び、極力農薬を抑えながらも、木の樹勢と品質重視の栽培と出荷を心掛けている専門農家。3人の子どもを育てる良きお父さんです。「秀利さんは16年前に脳梗塞で倒れるも、足腰立てるまで回復。話はまだできませんが、年に一回泊まりに行くたびに酒を交わしながら、ニッポン農業に身振り手振りで檄を飛ばしています」

岸祐司さん(静岡県藤枝市)

岸祐司さん(静岡県藤枝市)

すいてんの後藤和明さんと岸祐司さん(72才)は、前職からの長いお付き合い。宅配業界でも知る人ぞ知る名人技のいちごをムソー向けに、とお願いし続けて4年、ついに念願が叶いました。岸さんは「こだわりと味を分かってくれるお店への販売なら」とおっしゃった由。ありがとうございます! 農薬不使用のお茶を栽培している岸さんが、いちご栽培を始めて早や20年。モットーはずっと変わらず、おいしくて安全ないちご栽培です。品種は「やよい姫」甘味が強く、見た目も良い、輸送時にも傷みにくいことに加え、名前の由来でもある通り「弥生(3月)」でも高品質ないちごがお楽しみいただけます。 いちごの受粉を手助けしてくれるミツバチの影響も考えつつ、食べる人を思い、農薬は花が咲くまで必要最低限しか使っていません。長年の経験をもとに健全な苗を育て、さらに天敵なども活用して病害虫を防ぎます。土づくりも魚粕を中心に海のミネラルを含んだものなど、いちごに必要な分だけを施肥します。 「これからも、食べる人がおいしいと言ってくれるいちごを作っていきたい」と岸さん。召し上がっての感想、ぜひお聞かせください。

西川卓治さん(沖縄県宮古島)

西川卓治さん(沖縄県宮古島)

沖縄のピーマンやいんげんは、冬の今が旬。温暖な気候を利用して栽培する“日本一早い夏野菜”が、端境期の本土の食卓を、いきいきと彩ってくれます。西川卓治さん(51才)は関西出身で、若い時に世界中を旅した後、有機農業を志して沖縄へ移住。最初に弟子入りしたのが、宮古島で長年、持続可能な農業に取り組んできた渡真利(とまり)貞光さんの農場でした。宮古島では2000年に待望の地下ダムが完成し、長年の水不足が解消されましたが、農家が使う化学肥料が地下へ浸透し、硝酸態窒素が増えて地下水を汚染。人々の飲料水でもある地下水を守るために渡真利さんは、化学肥料に依存しない土作りを考案し、島の農家に広めてきました。そんな師匠の薫陶を受けた西川さんは、宮古島出身の真衣子さんと結婚。兼業農家でサトウキビを作っていた義父から土地を購入して、秋・冬・春メインのハウス栽培のピーマンとミニトマトを皮切りに、有機農業を始めました。夏は暑さと台風で野菜を育てられませんが、秋から春は南国の強い太陽がハウスを照らし、加温しなくてもパワフルでおいしい野菜が育つのです。
12月中旬から少量ですが、自根で栽培している有機きゅうりがスタートできました。2月から、有機アイコ(長卵系ミニトマト)と有機ピーマン、有機いんげんの出荷が本格稼働します。さらに今年から周年で、有機栽培の貴重なアスパラガスもお届けできそうです。

はぎわらファーム・萩原博さん(千葉県銚子市)

はぎわらファーム・萩原博さん(千葉県銚子市)

すいてんの後藤和明さんは、長年(28年!)畑を周ってきましたが、無農薬でキャベツを育てている人は少なく、ごくまれに出会えても、キャベツはアブラナ科の野菜の中で最も虫の食害がひどくて商品にならないのが常でした。「無農薬の生産者がいたとしても、多品目栽培の中で少量の供給しかできない。私の2年前までの常識でした」と後藤さん。
ムソーとの取り組みを契機に、無農薬栽培・有機JAS青果物を改めて開拓する中、出会ったのが萩原博さん(60才)。「太平洋の潮風と日焼け顔が似合う男。私の一学年先輩、半分同じ匂いがする昭和の男です」。銚子市は千葉県の最東端にあり、東と南を太平洋・北を利根川に囲まれた海洋性気候によって、冬は暖かく夏は冷涼。ミネラルたっぷりの潮風も野菜づくりを応援してくれます。実際、銚子の春キャベツ生産量は千葉県内一位。これは農薬に頼り、生産量を優先した結果でもあります。
萩原さんが約30年前、無農薬・無化学肥料に切り換えたきっかけは、同業者の中に農薬による健康被害が出たことです。動物性堆肥も使わず、籾殻と米ぬかを中心とした独自配合の有機肥料を使用し、「ミネラルアミノ酸微生物農法」を実践。化学肥料に頼らずに土づくりしたおかげで、地元でただ一人、春まで大根そしてキャベツの無農薬栽培に挑み続けています。

西日本営業部移転のお知らせ
ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ