NEWS

2022年2月 の一覧

ノースカラーズ(北海道札幌市西区)

ノースカラーズ(北海道札幌市西区)

~子育て世代に人気、「おいしい純国産」シリーズ~
 子どものおやつを選ぶとき、お母さんが重視するのは「安心安全」「おいしさ」「手頃な価格」の3つ。どれか1つ、または2つに優れたお菓子は他にもありますが、“3つとも文句なく合格!”とお母さんたちの支持を集めているのが、ノースカラーズの「おいしい純国産」シリーズです。
 添加物を使用せず、原料はすべて国産に限定、とりわけ北海道の食材をぜいたくに使ったおいしさで、しかもユニットプライス(g単価)がお手頃。健康に配慮したお菓子の販売に積極的なスーパーや生協では2013年頃から、棚ごとノースカラーズの商品を扱うお店が出てきました。

~オーガニック原料を使用、「プラスオーガニック」シリーズ~
純国産を大切に思う一方で、海外産を含めてオーガニックへの関心が高まりつつあります。ノースカラーズは2020年9月、新たなお菓子のシリーズを発売しました。「プラスオーガニック」は、有機栽培で育てた農作物をシンプルなレシピでおいしく仕上げた自然派食品のブランドです。
国産有機じゃがいもを使用した「OGポテトのチップス・うすしお味」と、オーストラリア製造の有機小麦全粒粉を使用した「OG全粒粉のクッキー」のご好評を受けて、むそう商事の北米産オーガニック小麦粉を使用したカステラ、どらやき、パンを発売します。プラスオーガニックシリーズも、どらやきの皮の膨張剤(重曹)以外は添加物不使用です。

~専門メーカーが、おいしく仕上げます~
 「オーガニック小麦の蜂蜜カステラ」と「オーガニック小麦のどらやき」の製造は、たんばや製菓(山形県酒田市)に委託します。同社はカステラとどらやきに特化したメーカーです。しっとりふっくらしたカステラ、皮だけでもおいしいどらやき。シンプルな原材料だけでここまでおいしいのは、職人さんの丁寧な仕事の賜物です。
 ノースカラーズ初めてのパン「オーガニック小麦のホワイトブレッド」は、自然食品店様の“売り場でのロスをなくしたい”というお声から生まれました。製造はロングライフパン専門のフジナチュラルフーズ(栃木県足利市)です。工場独自の配合により水分活性を0.9未満に抑え、アルコール製剤を封入し菌の繁殖を抑えることによって、保存料不使用で賞味期限30日を実現。お客様にも、買い置きや備蓄に役立つメリットがあります。
 そして何より、おいしさと安心・安全がこのパンの魅力です。北米産小麦粉ならではの“しっとりモチモチ食感”、海洋酵母による“イースト臭がなくすっきりした味わい”、マーガリン不使用のこだわり。トーストすると一層おいしく召し上がれます。

ノースカラーズの	プラスオーガニックシリーズ

ノースカラーズの プラスオーガニックシリーズ

プラスオーガニックは、有機栽培で育てた農作物をシンプルなレシピでおいしく仕上げた自然派食品のブランドです。新商品3品は、むそう商事の北米産オーガニック小麦粉を使用しています。

シンプルな原材料のみで職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げました。食べやすいサイズの個包装。
◎(ノースカラーズ)オーガニック小麦の蜂蜜カステラ5個
626円(税込価格)580円(本体価格)

ふっくら生地に、じっくり丁寧に炊き上げた北海道産小豆の粒あんをサンドしました。
◎(ノースカラーズ)オーガニック小麦のどらやき1個
173円(税込価格)160円(本体価格)

しっとりモチモチの食感。オーガニック小麦粉以外は全て国内産原料、マーガリン不使用です。
◎(ノースカラーズ)オーガニック小麦のホワイトブレッド1個
810円(税込価格)750円(本体価格)

~好評新発売~
◎(ノースカラーズ)OG全粒粉のクッキー70g
248円(税込価格)230円(本体価格)

◎(ノースカラーズ)OGポテトのチップス・うすしお味60g
237円(税込価格)220円(本体価格)

ムソーの有機ごまシリーズ

ムソーの有機ごまシリーズ

・原材料は海外産の有機ごま100%
・国内産ごまより、ぐっとお手頃な価格
・豊かな香りが料理をひきたてます

~ 有機あらいごま ~
有機ごまを熱風乾燥させています。ご家庭で炒るとごまの香りが豊かに広がります。

◎(ムソー)有機あらいごま・白80g
238円(税込価格)220円(本体価格)

◎有機あらいごま・黒80g
238円(税込価格)220円(本体価格)

~有機いりごま~
有機ごまを丹念に焙煎し、香りとうま味を引き出しました。お料理やお菓子作りなどにそのままご利用いただけます。

◎(ムソー)有機いりごま・白80g
248円(税込価格)230円(本体価格)

◎(ムソー)有機いりごま・黒80g
248円(税込価格)230円(本体価格)

~有機すりごま~
杵つき製法で、ごまがしっとりするまですりつぶしました。ほんのり甘い胡麻の風味をお楽しみください。

◎(ムソー)有機しっとりすりごま・白80g
367円(税込価格)340円(本体価格)

◎(ムソー)有機しっとりすりごま・黒80g
367円(税込価格)340円(本体価格)

年齢に負けない・・・ごまを食べよう

いま話題の健康成分「セサミン」は、ゴマの種子中に含まれるゴマリグナンという成分の一種です。セサミンをはじめとするゴマリグナンは体内で抗酸化作用を発揮することが最大の特徴。老化の原因とされる活性酸素から体を守るなど、健康増進や若々しさを保つのに役立つことが明らかになっています。

栄養豊富なごまですが、そのままでは種皮が固く、消化吸収されにくいので、炒ってから「すりごま」「切りごま」にしていただきましょう。

おうちで楽しむおひな祭り

おうちで楽しむおひな祭り

ホームパーティーの定番「手巻き寿司」。簡単で華やかで、おいしくて、お祝い事にもピッタリです。

◎(ムソー)酸処理していない焼きのり7枚
713円(税込価格)
660円(本体価格)

◎(ムソー)焼のり10枚
508円(税込価格)
470円(本体価格)

~玄米すし飯~
「あやひめ」は、粘りが強く柔らかいので玄米食に最適、炊飯器でも炊けます。すし飯に梅酢〈赤〉を使えば、ほんのりピンク色に。
◎特別栽培米・新篠津あやひめ
「令和3年度産・北海道特別栽培米注文書」でご注文ください。

◎(飯尾)富士すし酢360ml
648円(税込価格)600円(本体価格)

◎(ムソー)有機梅酢〈赤〉200ml
454円(税込価格)
420円(本体価格)

~お好きな具材を大皿に~
野菜をたっぷり添えてバランスよく。子どもが大好きなツナのマヨ和えも忘れずに。

◎(ムソー)
大分産椎茸こうしん80g
1,188円(税込価格)
1,100円(本体価格)

◎(伊藤食品)
あいこちゃん銀のまぐろ水煮70g×3
648円(税込価格)
600円(本体価格)

◎(竹内商店)かつお生節1本
421円(税込価格)
390円(本体価格)

◎(ムソー)平飼い鶏の有精卵マヨネーズ290g
508円(税込価格)
470円(本体価格)

~SNSで話題の「菱餅ちらし寿司」。
牛乳パックを輪切りにし、菱型にした型に詰めて可愛くトッピング~

◎(ムソー)国産野菜の五目ちらし寿司の素2合用
486円(税込価格)
450円(本体価格)

◎(ムソー)しその粉・ふりかけ50g
302円(税込価格)
280円(本体価格)

~お寿司の名脇役~
大人向けに、ねり梅や香辛料を添えて。

(ムソー)有機ねり梅100g
670円(税込価格)620円(本体価格)

(ムソー)旨味本来・生しょうがチューブ入り40g
356円(税込価格)330円(本体価格)

(ムソー)旨味本来・生わさびチューブ入り40g
356円(税込価格)330円(本体価格)

2月のNEWS

2月のNEWS

~新商品~
お好みの濃さに割って
◎(ヒカリ)オーガニッククラフトコーラシロップ150ml
540円(税込価格)500円(本体価格)

ヒカリ食品の遊び心から生まれた商品。もちろん原材料を厳選、香料・カラメル色素・酸味料は不使用です。コーラの素1に対して4~5倍量の炭酸水で割ってください。約5倍量の牛乳または豆乳で割っても。

お手頃価格の有機トマト缶

トマト農家が作ったトマト缶…収穫後24時間以内に加工するので果肉は厚くジューシーで、美しい赤色が特徴です。
●クエン酸不使用…完熟トマト使用により、酸度調整のためのクエン酸は使用していません。完熟トマト本来の強い甘味と程よい酸味が楽しめます。
●自社または契約農家のトマトだけを使用
◎(アルマテラ)有機トマト缶(ホール)400g
194円(税込価格)180円(本体価格)
◎(アルマテラ)有機トマト缶(カット)400g
194円(税込価格)180円(本体価格)

ストリアネーゼは、イタリアナポリのトマト農家からスタートした1965年創業のトマトメーカー、アグリコンセルベレーガ社の誇るオーガニックトマト缶ブランド。種選定、栽培から加工まで一貫体制です。

~ 再開商品 ~

滋味あふれる甘み

◎(ミキファーム)宮崎県産ほしいも120g
583円(税込価格)540円(本体価格)
原料自社生産、自社製造のほしいもです。甘みの強い「べにはるか」を宮崎特有のからっ風と、冬でも燦燦とした青空の下、じっくり天日干ししました。

「べにはるか」は安納いもよりはるかに甘く、ほしいもに適した品種。天日干しで濃縮された自然な甘みを味わってください。



柳沢剛さん(鹿児島県南種子市)

柳沢剛さん(鹿児島県南種子市)

鉄砲伝来の地として有名で、さつまいも発祥の地とも言われる種子島。今回はこの種子島の特産品ともいえる「みつき芋(安納芋とも)」です。

もともとは焼酎芋などとも呼ばれ、芋焼酎造りに使われることが多い品種でした。焼酎原料になるくらいなので、もともと甘みが強い上に、独特のねっとりとした食感が喜ばれ、今では生食が基本のお芋になりました。

昨今は他産地でも栽培されますが、“種子島産のみつき芋は一味も二味も違う”由。実際に食べ比べると、風味も甘みも本当に違うことにびっくり。生産者の柳沢剛さんによれば「小さな島という特殊な地形と気候が、みつき芋にはよく合うんですよね」とのこと。その気候風土を活かし、生産者としてはまだまだ若いながら、農薬や化学肥料を使用しない栽培を目指して、毎年試行錯誤を繰り返しています。

「最終的には、できる限り自然なままのものを栽培してお届けするのが目標。ただおいしさを落としてまではできないので、毎年反省ばかりです」という言葉から、情熱がひしひしと感じられました。 地元では主に焼き芋で楽しみますが、ポイントがひとつ。しっかりと熟してから食べることです。年内も甘みはありますが、年が明けてから食べると、しっとりクリーミーな肉質に、いっそう強い甘みが楽しめるのでお勧めです。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ