NEWS

10月1日(木)中秋の名月

10月1日(木)中秋の名月

昔は旧暦の7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋といいました。なかでも中秋の名月は最も月が美しく明るいとされ、
特別に「十五夜」と呼びました。旧暦の時代、日本人は月の満ち欠けでおおよその月日を知り、農事を行いました。
十五夜は収穫を感謝する初穂祭の意味があります。
十五夜には満月のように丸いお団子を供え、魔除けの力があるとされるススキを飾ります。

~粉屋が作る月見団子~
★十五夜だんご
国産のうるち米を胴搗き製法で丹念に搗いた上新粉を使って、歯切れのいいコシのあるお団子を作りました。中には北海道小豆の粒あんが入っています。別添で北海道大豆を使用したきな粉が付いています。〈12個入〉
550円(本体価格) 594円(税込価格)

~お彼岸の「おはぎ」~
★おはぎ
国産もち米を用いた自社製無漂白道明寺粉を主原料としたおはぎです。道明寺粉ならではの上品な食感をお楽しみいただけます。あんは北海道産小豆使用の粒あんです。〈(6個)300g〉
660円(本体価格) 713円(税込価格)

~もち米もセットした人気商品~
★〈山清〉赤飯 祝御膳(2合炊)
佐賀県産もち米「ひよくもち」100%と、北海道産特別栽培小豆を使用。炊飯器で簡単に、おこわ風の赤飯が炊けます。〈 もち米300g、小豆煮汁140g、小豆煮豆70g〉
864円(本体価格) 934円(税込価格)

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ