NEWS

小田々仁徳さん (高知県香美市香北町)

小田々仁徳さん (高知県香美市香北町)

 高知県の北東部に位置する香美市香北町は海抜100m程にあり、冬には山頂にうっすらと雪が降ることもあります。町の約86%が森林で、その中心を物部川が流れています。畑はさまざまな土質を持ち、水はけのいい黒ボク土も存在します。この土と冷涼な気候によって、有機栽培で育てた野菜の甘みやうまみ、香りが増していきます。
 小田々仁徳さん(36才)の父、智徳さん(60才)が「大地と自然の恵み」を立ち上げたのは1996年。「農業をより良い形で未来に引き継ぐ」「自分たちが食べたくないものは作らない」という信念で歩んできました。今は仁徳さんが中心となって頑張っています。出荷物のすべてに有機JASを取得している数少ない団体で、特に有機にらを栽培できるのは日本でここだけ!とあって、ひっぱりだこの人気です。
 小田々さんの野菜は、消費者からのクレームがほとんどないそうです。確かな栽培技術と品質管理の賜物でしょう。温暖な高知の気候を活かした作物を、安定して一年中お届けできます。

西日本営業部移転のお知らせ
ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ