NEWS

2020年1月 の一覧

謹賀新年

謹賀新年

 30年余り続いた平成から「令和」の時代が幕を開け、時の流れと過去の出来事を思い起こす2019年となりました。令和元年だけを振り返りますと、ラグビーワールドカップでの日本の活躍があった一方で、毎年生じる台風や豪雨による甚大な被害の発生、消費税の増税と軽減税率制度、複雑な仕組みが生活者と事業者を困惑させる場面が生じました。令和元年は間違いなく記憶に残る年になるのではないでしょうか。
 食品業界におきましては10月1日増税の騒ぎの最中、「食品ロス削減推進法」が施行され、また情報量が少ない中で「ゲノム編集食品」の制度がスタートしました。

ムソーのSDGs宣言

ムソーのSDGs宣言

様々なところで見かける機会が増えた「SDGs=持続可能な開発目標」。
既に世界中で取り組みが始まっています。「持続可能な開発目標」という言葉は難しそうに感じますが、掲げられている開発目標の多くは、実は自然食品業界が以前から活動していた事業そのもの。
ムソーとしても改めて「環境保全」「安心できる食べもの」「健康な生活方法」などの開発目標を中心に、皆様にご提供できる価値を提案いたします。

2月3日は「節分」

2月3日は「節分」

【鬼を追い払う】いわし
ひいらぎの小枝に焼いた鰯の頭をさしたものを戸口につけておくと鬼の目を突き、鰯の臭いで鬼を追い払うといわれています。家族みんなが食べやすい“いわしアイテム”で、現代風に。
この他にも毎年人気の恵方巻を始め、福豆、いわし塩焼きなどを取り揃えております。

ムソーのバレンタインデー2020

ムソーのバレンタインデー2020

 CHEESE CAKE LAB seed は、南大阪に4店舗を構えるチーズケーキ専門店。地元農家の安全な野菜を使用し、フードマイレージの観点から国産オーガニック食材を積極的に取り入れるなど、さまざまな取り組みをしてきました。さらに、SDGs(P2参照)の趣旨にも賛同し、“自分たちができる地球貢献”を推進しています。
 「チーズアーモンドリーフ(ショコラ)」は、そんなseed の想いを表現した品です。落ち葉をテーマにしたアーモンドたっぷりザクザク薄焼きクッキー。
ボロボロと崩れてやがて土に還る様子をイメージして作りました。リユース可能なパッケージですので、開封後は便箋&封筒として使えます。贈った人からまた別の人へ…ちょっと地球に優しくなれるお菓子です。「ショコラ焼き菓子セット」では、これを含む5種類の焼き菓子が楽しめます。

真冬も春も、快適に

真冬も春も、快適に

ウイルス対策に
広島大学ウイルス学研究室と共同で開発した、石けん成分だけでウイルスを退治するハンドソープです。新型インフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルスを洗い流して退治します。

肌にやさしい
肌側の生地はオーガニックコットン100%、ふんわりとやさしい肌触り。肌への刺激を減らすために、耳ゴムの接着面を外側にしました。やわらかく幅の太い耳ゴムを採用で、長時間の装用も快適です。

冬の おすすめ温活&保湿アイテム

冬の おすすめ温活&保湿アイテム

身体を温める手当て法
・有機梅醤陽寿  ・生姜番茶入り梅醤
生姜&本葛でポカポカ
・有機生姜使用しょうが湯・箱入り  ・有機生姜使用かりんしょうが湯
貼る生姜
・ホットパッチ
唇にうるおいを
・リップスティック

1月のNEWS

1月のNEWS

★新商品
・国産・味付メンマ〈95g〉
国産の孟宗筍をメンマの食感を出すよう乾燥し、じっくりと時間をかけて戻してから、こだわりの調味料で仕上げた味付メンマです。
400円(本体価格) 432円(税込価格)

農事組合法人 増野 (長野県下伊那郡松川町)

農事組合法人 増野 (長野県下伊那郡松川町)

 南アルプス連峰が夕日に映えて美しい、長野県下伊那の増野地区。ここは戦後間もない昭和22年、機械もない時代に鍬一本で開拓した果樹団地です。ある日、農作業で疲れて一息したときに、ふと、際限のない農薬まみれの作業に疑問を感じました。「よく考えたら…開拓した当時はきっと農薬なんか使っていなかったはず」。そこから青年学級での討論が始まりました。収量が減るかも知れない。見た目もよくないだろう。買ってくれるのか?と、不安が突き上げてきました。でも、切り替えないと人も土も危ない!きっと理解されるときがくる。今度は、俺たちも「食の安全」のパイオニアになろう!と、立ち上がったのです。
 1976年から減農薬・減化学肥料への取り組みを開始し1987年に増野リンゴ組合を設立、同時にジュース工場も建設しました。現在は24人の組合員でリンゴ・ナシ・ワイン用ブドウなど多品種を作っています。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品