NEWS

謹賀新年 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

謹賀新年 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

2018年は幾度もの自然災害が日本を襲いました。年始早々から北陸地方を中心とした大雪、草津白根山の噴火、6月には大阪北部を震源とする地震、7月初旬の大変大きな被害が生じた西日本豪雨、9月には驚異的な暴風となった台風21号、そのすぐ後に北海道地震。上述の他にも、皆様の生活圏では防ぎようのない災害脅威を目にされたことと思います。
 過去の経験や学びから脅威は分かっていながら、危機(リスク)を予測して備えることは簡単なことではありません。
 皆様方、業界、市場、弊社の商売環境はもちろんですが、ごくごく普通の生活内におきましても数え切れない危機が潜んでいることを感じます。自然環境、他国関係、社会保障、少子高齢化、などなど。そして何より「食」に関わる危機をこの先、何度もクリアしなければ、ご商売や事業継続はもちろん、豊かな食生活が生まれないことを思います。
 「欲しいものが欲しい時に欲しいだけ手に入る」ことが当たり前になった今の時代。けれども私たちは、便利さと引き換えに、やっと手に入れた、ついに出会えた…という感動を手放しているのかもしれません。そのフレッシュな感動こそ、価値なのです。
 来る2019年、本質的な価値ある「食」を獲得するには、ますます時間と労力が必要となる、と予測します。願いと価値に溢れた商品の開発、ご提供に社員一同で1年間取り組んでまいります。
 皆様のご支援のもと、昨年度でムソー50年の節目を越えることができましたことを心より感謝申し上げます。新しい半世紀をスタートしました今、当社の役目である「食を通した社会貢献」をあらためて掲げ、邁進してまいります。今後ともご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 新しい年が皆様にとって素晴らしい1年でありますよう祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

ムソー株式会社
代表取締役 出口裕起