NEWS

山陰味自慢

山陰味自慢

森田醤油(島根県仁多郡奥出雲町)
 中国山地の山間に位置する奥出雲町は、古くは出雲神話の舞台となった土地。仁多米コシヒカリは、奥出雲の昼夜の温度差とミネラル豊富な岩清水が育む、西日本屈指のおいしいお米です。
 この米を使って自社製麹した米糀で甘酒を造るのは、地元・奥出雲の森田醤油です。昔ながらの製法を守る醤油蔵として知る人ぞ知る存在ですが、廃業した近所の味噌屋さんから米糀造りの道具を譲り受け、米糀と甘酒も造り始めたところ、これが評判に。昨秋からは通信販売も始めました。

銘菓柚餅子本舗 福田屋(島根県松江市矢田町)
 京都、金沢と並ぶ和菓子処、松江。大名茶人といわれた七代目藩主・松平治郷公により洗練された松江和菓子は、茶の湯の習慣とともに今も町の人々に愛されています。
 今回ご紹介の「出雲王朝」「出雲」の主役は、大粒ぞろいの北海道産の大納言小豆。まず、ふっくら炊き上げた大納言小豆を、ビートグラニュー糖の糖蜜で一晩、蜜漬けにします。和菓子の基本ともいえる蜜漬けですから、小豆の質と職人の技がそのまま現れます。