NEWS

9月19日(木)は中秋の名月 お団子と新芋で、お月見を

9月19日(木)は中秋の名月 お団子と新芋で、お月見を

昔は旧暦の7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋といいました。なかでも中秋の名月は最も月が美しく明るいとされ、特別に「十五夜」と呼びました。旧暦の時代、日本人は月の満ち欠けでおおよその月日を知り、農事を行いました。十五夜は収穫を感謝する初穂祭の意味があり、この季節に収穫される芋をお供えしたことから「芋名月」とも呼ばれます。十五夜には満月のように丸い15個のお団子と、里芋のきぬかつぎや新物のさつま芋を供え、魔除けの力があるとされるススキを飾ります。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ