NEWS

芦別市きらきらぼし生産組合(北海道芦別市)

          

期待の米どころ、北海道

北海道は日本有数の米どころ。広い大地を活かして大規模で安定した米づくりに取り組み、作付面積・収穫量ともに新潟県に次いで全国第二位(平成18年産~22年産)を誇ります。
ここ数年、首都圏や関西圏でも北海道米の人気が高まっている理由は、そのおいしさにあります。「厳しい寒さに耐えられる米を、もっとおいしいお米を」と品種改良が次々に行われ、北海道はどこよりもたくさんの品種を誕生させてきました。「おぼろづき」「ななつぼし」「ゆめぴりか」など、新たなブランド米も続々誕生しています。
このたび発売する「ムソー特別栽培米」は、北海道で安心安全な米作りに取り組む5つの生産者団体を厳選、それぞれが一押しするおいしい品種を出荷していただきます。


ミントや捕虫網を使って農薬削減

芦別市の中山間地に誕生して満16年を迎えた「芦別市きらきらぼし生産組合」は、30戸の小集団ながら、農薬を大幅に抑えた先進的な栽培技術では道内トップクラスといわれています。2002年度の全国環境保全型農業推進コンクールで優秀賞を受賞、2005年には、栽培基準を一段と強めた特別栽培米へと進みました。現在は、食味ランキングでも特A評価の「ななつぼし」に品種を絞ってがんばっています。
北海道の米作りは、田んぼの雪を溶かすことから。3月半ば、肥料と融雪促進をかねたケイ酸資材を撒くのです。「水田を乾燥させて地力を引き出すのです」と山本英幸組合長。種となるモミは農薬消毒せず、温湯に浸けて病原菌を死滅させてから播き、丈夫な苗に育てて、5月15日~25日頃に田植えをします。農薬を抑えた稲作で一番苦労するのは雑草との闘い。除草剤は田植え直後から15日後までに1回だけ使用し、それでも生えてくる草は除草機や手で取ります。
かつて冷涼だった夏の北海道も、温暖化の影響で気温と湿度が上がり、病害虫が心配されますが、排水をよくして施肥量を控えることで稲を丈夫に育てます。稲の汁を吸って米を黒くするカメムシ対策として畦(あぜ)にミント類を植え、穂が出始める頃からは全員自分の田んぼで捕虫網を使って、どんな害虫が発生しそうなのか観察し、最善の手を打ちます。
こうした努力によって、極力農薬を抑えた栽培(除草剤は1回のみ。本田防除は2回以内を原則とする)を実現。9月上旬、特別栽培米「ななつぼし」は黄金色の稲穂を垂れ、待望の収穫を迎えます。

おいしさに自信あり、ななつぼし

きらきらぼし生産組合は7年前から、食育の一環として芦別小学校の5年生に「学校給食田」を提供。4年前からは子どもたちと田んぼの生き物調査を実施し、これまで累計100を超える生き物が見つかりました。
組合長さん一家が毎日食べるのは、もちろん適度な粘りと柔らかさが自慢のななつぼし。「とにかく食べてみて。化学肥料だけで育てた米とは旨みも香りも違いますよ」と自信たっぷりです。みなさんもぜひどうぞ。

 

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品