NEWS
設立50周年 新たなスタートのご挨拶

設立50周年 新たなスタートのご挨拶

 謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は一方ならぬお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、弊社は設立50周年となる50期をこの8月21日からスタートいたします。これもひとえに得意先様をはじめ、仕入先様や関係各社様、また弊社商品を購入いただく消費者様、たくさんの方々のご支援とご厚情の賜物と心より感謝いたします。
 マクロビオティックを創始した桜沢如一氏の門下生の一人である岡田周三が、食養新生会として正食の啓蒙・普及活動を始めたのが1958年(昭和33年)、その後1969年(昭和44年)にムソー食品株式会社を設立し事業開始、おかげ様をもちまして今のムソー株式会社が存続できております。
 50年の歳月の中、社会情勢はもちろん生活環境や食環境が大きく変化するに伴い、あらゆるものに対する価値観が少しずつ変わってきたように感じます。弊社扱い商品である「食品」に対するご要望も、アレルギーや原料産地の特定、栄養価、製造元の衛生管理など基本的なファクターに加えて、今の時代とニーズに合った規格(量目)やデザイン性、高い利便性など、じつに多岐にわたります。また商品に限らず、物流サービスや営業面での体制もご期待にお応えしなければならない点が日々生まれております。
 弊社は設立50周年を新たなスタートとして、顧客様のご要望に応え、今の環境に適応し、創業理念である「食を通した社会貢献」を改めて社内浸透させます。そして「食」の大切さ、食べることの楽しみをご提供、日本の食文化継承に努め、新しい50年に向けて進んでまいります。
 皆様へはまだまだ至らぬことも多いかと存じますが、今後とも倍旧のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
             謹白

平成29年8月
ムソー株式会社代表取締役 出口裕起

宝食品 (香川県小豆郡小豆島町)

宝食品 (香川県小豆郡小豆島町)

 小豆島は、江戸時代から続く醤油の名産地です。小豆島の佃煮づくりは、終戦直後の食糧難の時代、甘藷の葉柄(いもづる)を島の醤油で炊き、阪神方面へ出荷したのが始まりだそうです。その成功をきっかけに島をあげての佃煮づくりが始まり、醤油や素麺、オリーブと並ぶ特産品となりました。
 宝食品の創業は1948年。日高昆布、四万十川のり、瀬戸内海のちりめんなど確かな食材を使い、島の良質な醤油で炊き上げる佃煮のおいしさに定評があります。ムソーの「塩吹昆布(22294)」の製造も長年お願いしています。
 新発売の「島っこ」生のり佃煮は、宝食品とムソーが共同開発した、とことんこだわりの一瓶です。
 主原料は、小豆島産の生あまのり。小豆島近海は、中国山地から瀬戸内海へ流れ込むミネラル豊富な川の水のおかげで、のり養殖が盛んなのです。12月末から2月初旬、土庄町の北浦沖と、小豆町の坂手港沖で育ったのりを摘み、洗浄後そのまま冷凍保存。解凍して生のまま、風味豊かな佃煮に仕上げます。乾燥させない採れたての生原料のため、産地と加工地が近いことが絶対条件となります。
 一般ののり佃煮は、乾燥のり(板のり・ばらのり)を水で戻して使用します。コストは低く抑えられますが、乾燥のりは生のりに真水を加えてミンチにして熱風乾燥してあるので、のりの風味は失われます。
 生のりは“摘んで洗っただけ”、つまり裁断していないので、繊維が長いままです。佃煮に炊き上げても、なめらかで食感がよく、のり本来の風味が残っています。

オーガニック冷凍フルーツで夏のデザート

オーガニック冷凍フルーツで夏のデザート

◆ココナッツ べリーベリージェラート
甘みを加えず、ベリーをそのままいただく、贅沢なジェラートです。ココナッツクリームが酸味をまろやかにし、とてもリッチな口どけ感を出してくれます。

◆ココナッツウォーター&イチゴとバナナのジュース
ココナッツウォーターとバナナの相性は抜群。おいしいだけでなく、どちらもカリウムを多く含むので、カリウム不足による夏バテ対策にも嬉しい組み合わせです。オメガ3脂肪酸を豊富に含むスーパーフード、チアシードの食感が美味しさを倍増してくれます。

ビールのお供に、 いいね!

ビールのお供に、 いいね!

今が旬、枝豆の王様
◆山形県鶴岡産・冷凍だだちゃ豆150g ¥550(本体価格) ¥594(税込価格)
 芳醇な香りと、強い甘みが特徴の枝豆の王様「だだちゃ豆」を、朝採り後すぐに急速冷凍しています

そのまま出せる
◆味付メンマ80g ¥270(本体価格)¥291(税込価格)
 やわらかい台湾産メンマを風味豊かに仕上げた、味付メンマです。
◆いか丸やき2尾 ¥490(本体価格)¥529(税込価格)
 国産のスルメイカを丸ごと塩と砂糖のみで焼き上げました。

とろ青魚缶で、この一品
◆とろさば・水煮180g ¥400(本体価格) ¥432(税込価格)
◆とろさんま・しょうゆ味190g ¥350(本体価格) ¥378(税込価格)

9月のNEWS

9月のNEWS

★新商品
・和然・鰹だしつゆ 300ml ¥600(本体価格) ¥648(税込価格)
・野菜がおいしいとり塩鍋スープ600g ¥300(本体価格)¥324(税込価格)
・ねり胡麻チューブ〈黒〉160g ¥500(本体価格) ¥540(税込価格)
・ねり胡麻チューブ〈金〉120g ¥500(本体価格) ¥540(税込価格)
・【冷凍】能登半島・生もずく70g×3 ¥320(本体価格)¥346(税込価格)
・大人の蒲焼100g ¥450(本体価格)¥486(税込価格)
・ノースカラーズの「純国産シリーズ」
 純国産北海道おかき・鮭50g ¥230(本体価格) ¥248(税込価格)
 純国産北海道パリポリ昆布22g ¥315(本体価格) ¥340(税込価格)
 純国産北海道皮付きさきいか20g ¥315(本体価格) ¥340(税込価格)
 純国産北海道おかき・がごめ昆布50g ¥230(本体価格) ¥248(税込価格)
 純国産北海道ホタテ貝ひも35g ¥315(本体価格) ¥340(税込価格)
 純国産北海道鮭スティック27g ¥315(本体価格) ¥340(税込価格)

やさしい食育マンガ「サエとワタルのごはん冒険記」

やさしい食育マンガ「サエとワタルのごはん冒険記」

 正食協会発行の月刊誌「むすび」で、1年間にわたり好評連載した食育マンガが、1冊の単行本になりました。
 主に登場するのは、小学4年生の滝川サエと弟で2年生のワタル、母親の琴美、近所に住む料理研究家のまさ子先生。サエとワタルのきょうだい2人が、毎日の食べものの大切さにだんだんと気づき、和食や玄米菜食に親しんでいく姿を描いています。
 各話の終わりには、ドクター・ショウこと、医師である渡邊昌氏の解説がつきます。マンガのセリフとともに、総ルビ付きで、小さなお子様も自分で読めます。玄米の炊き方やわかめの味噌汁などの簡単なレシピもあります。
 お子様や孫へのプレゼントのほか、教育現場での食育の副読本などにも利用できます。

カンタン八芳酢(ムソー)

カンタン八芳酢(ムソー)

 世の中で基礎調味料が縮小傾向の中、ムソーではおかげさまで、生酢(きず:他の調味料を混ぜたり、薄めたりしていない食酢)の売れ行きが好調です。それだけ手作り派のお客様が多いのだと思います。しかし一般市場では、より手軽に使える調味酢(食酢に他の調味料などを加えて味を調整したもの。合わせ酢、調合酢ともいう)のニーズが、ここ10年間で著しく拡大しています。
 「身体にいいお酢をもっと使いたいけど、味加減が分からない」「忙しい日にさっと使える合わせ調味料がほしい」…これから増える若い世代のお客様を想定して、ムソーならではの調味酢の開発に着手しました。協力工場は、「本造り米酢」「純りんご酢」などでおなじみの内堀醸造(岐阜県加茂郡)。お酢造りにかける想いも高い技術も、信頼できるお酢屋さんです。

 今どき、どこのお宅の冷蔵庫も満杯で、酢の物用、ピクルス用など、用途別に何本も発売しても「これ以上入らないし、使い切れず賞味期限がきてしまう」という声は多いのです。そこで私たちは、汎用性が高い調味酢=「これ1本で、いろいろなお酢料理が簡単に作れる調味酢」を目指しました。
 まず、ベースのお酢は、国産のお米から造った純米酢と、信州りんご果汁から造った純りんご酢をブレンド。米の甘みと旨みと重厚な香りに、りんごのフルーティーな風味を重ねて、幅広く和洋中の料理に合う酸味を作り出しました。さらに瀬戸内レモン果汁のさわやかな香りで、苦手な方も多い“お酢のにおい”をカバー。家族みんなで使える1本になりました。
 次に、甘味料のチョイスも重要です。一般品の主原料である果糖ぶどう糖液糖は、原料トウモロコシに遺伝子組み換えの心配があり、ムソーでは使いたくありません。代わりに北海道産ビートグラニュー糖で試作を重ね、控えめな甘みを添えました。これにはうれしい余得も…果糖液糖類の甘みは加熱すると感じにくくなりますが、砂糖の甘みは温めても消えないので、南蛮漬けや甘酢あんなどアツアツ料理にも使えるのです。

8月のNEWS

8月のNEWS

★新商品
・お魚チップス・のどぐろ入り40g ¥260(本体価格) ¥281(税込価格)
・召しませ日本・丹波黒豆玉子煎餅75g ¥265(本体価格) ¥286(税込価格)