NEWS

2020年2月 の一覧

本田商店 島根県雲南市木次町

本田商店 島根県雲南市木次町

 本田商店は、創業百余年の奥出雲そば専門店。自家製粉の挽き立てそば粉と小麦粉と食塩だけで作った、香り高い「奥出雲・生蕎麦(85024)」でおなじみです。
 本田商店のモットーは“食べて美味しい、身体に美味しい”こと。四代目・本田正次さんの娘さんがアトピーに悩んだ経験から、食品添加物や保存料は一切使用しません。保存料も酒精(アルコール)も使わないのに、賞味期限が長く常温保存ができる(生蕎麦は常温90日)のは、包装後に蒸気殺菌する独自の技術の賜物です。「そば湯までおいしい」と絶賛される理由は、ここにあります。
 そんな本田商店に8年ほど前、パスタマシーン!が据えられました。「若社長が買ってきた、と聞いてます」と、営業の庄司さん。五代目・本田繁さんの一声で、新たな挑戦が始まりました。

手巻き寿司パーティー

手巻き寿司パーティー

酒かすを10年以上寝かせて造った赤酢と、2種の米酢を取り合わせ、塩のみで調合。砂糖などの甘味を加えなくても、旨みの濃いすし酢です。魚介、納豆、玉子焼き、焼肉…酢飯にのせて海苔でくるり。手巻きをはじめ海鮮丼や海鮮ちらしにも最適のすし酢です。

地粉グルテン粉

地粉グルテン粉

【地粉グルテン粉とは】
国内産(北海道産)のホクシン小麦を製粉・水洗いして沈澱したタンパクを取り出し、フリーズドライ製法で粉末にした植物性タンパクです。
【使い方】
●マクロビオティックで肉の代用として使う「コーフー」作りに。コーフーは煮物やフライなどに使えます。生麩作りにも使えます。
●麺やパンを作る時にグルテン粉を少量加えると、コシのある麺、ボリュームのあるパンになります。

料理甘酒 玄米甘糀 特濃

料理甘酒 玄米甘糀 特濃

◎ヤマト玄米甘酒の良さをギュッと2倍濃縮(※)した「玄米甘糀」。
◎お料理やスイーツ作りの甘みとして、お砂糖代わりに使えます。
◎ペーストタイプなので、塗ったり・かけたり・そのまま使えてアレンジ豊富。
◎軽くて使いやすいキャップ付きスタンドパック入りです。

2月のNEWS

2月のNEWS

★リニューアル
・有機青汁・粉末タイプ 3,239円(本体価格) 3,498円(税込価格)
・国産蒸しもち麦 〈70g〉 200円(本体価格) 216円(税込価格)
・有機蒸し大豆 〈100g〉 250円(本体価格) 270円(税込価格)
・国産10種の蒸し雑穀〈70g〉 200円(本体価格) 216円(税込価格)

からたち(熊本県水俣市袋)

からたち(熊本県水俣市袋)

 水俣病事件で海を奪われた漁師たちは「陸に上がる」選択を強いられ、生活の糧として甘夏みかんを作り始めました。自身が水銀という毒に侵されながら、みかん畑に農薬(さらなる毒)を散布する矛盾…やがて、水俣病患者・故杉本雄さん栄子さんが「被害者が加害者にならない」と声を上げ、無農薬で甘夏みかんを栽培し始めました。杉本さんご夫妻と、患者支援のために水俣へ移住してきた大澤忠夫さん・つた子さんが1979年、ともに立ち上げたのが「反農連(反農薬水俣袋地区生産者連合)」です。以来約40年、反農連は主に患者さんが栽培する甘夏みかんを販売しながら、全国に水俣病の現状を伝えてきました。
 大澤菜穂子さん(46才)、大澤基夫さん(39才)は、運動に奔走する両親の背中を見て育った第二世代。2016年10月、基夫さんの妻・愛子さん(37才)と3人で新たに「からたち」を立ち上げました。生産農家は22軒。40年以上無農薬で頑張ってきた老夫婦も、新規就農の若手もいます。基夫さんを含む3軒では、農薬だけでなく有機肥料も与えない、自然栽培に取り組み始めました。
 「水俣のみかんを通じて水俣と出会ってもらいたい。誰の命も踏み台にされない世の中を作りたい」と基夫さん。水俣のことを知らない私たちに、真正面から手渡されるみかんです。(ムソー商品部・加藤緑)

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品