NEWS

ゼンケンの浄水器

ゼンケンの浄水器

 日本の水道水は、蛇口で残留塩素を0.1mg/L以上確保することが、水道法で義務付けられています。もともと浄水器は残留塩素を除去することを目的に誕生しました。その後、水質汚染が年々広がる中、消費者保護の観点から2002年4月、家庭用品品質表示法が改訂され、残留塩素、ニオイ、発ガン性物質のトリハロメタン、鉛、農薬など除去対象13物質が定められました。
 浄水器の性能は、13物質のうち「何種類を除去できるか」「80%(濁りは50%)除去するまでの総ろ過流量はどれだけか」で判断できます。浄水器を選ぶ際は除去性能欄を確認しましょう。ゼンケン浄水器は13物質すべてのデータを取っており、そのデータから分かる通り、どの機種を選んでも安心してご利用いただけます。

ムソーのSDGs

ムソー・ハラール事業の概要

ムソー株式会社 取り扱い商品

月別アーカイブ