NEWS

HOT TOPIC

手軽においしく、雑穀ごはん             

●小さな粒に栄養たっぷり
昔から日本では米を筆頭に、麦・あわ・きびまたはひえ・豆類を「五穀」と呼び、重要な作物と考えてきました。稲が品種改良されて日本中で栽培されるようになるまで、各地ではこれらの作物が主食と同じ役割を果たしていた歴史があります。
雑穀の「雑」は「いろいろなもの」という意味。雑穀は粒が小さいぶん胚芽が多く、抗酸化成分やビタミン類、ミネラルなどを多く含んでおり、米や麦では足りない栄養素を補ってくれます。

 ●日本一の雑穀産地、花巻
このように雑穀は優れた食材ですが、国内流通の9割以上を輸入に頼っているのが現状です。干ばつや冷害に強く栽培しやすい反面、収穫以降の脱穀・調整作業にとても手間がかかるなどの理由で、作り手が減ってしまったためです。
そんな中、岩手県では生産者・農協・行政が一体となり、良質な雑穀の生産に取り組んでいます。貴重な国産雑穀の6割以上を生産しているのが岩手県。中でも花巻地方がその6割を占めます。花巻地方は「稗(ひえ)の国」(閉伊、稗貫)として地名にも関わりがあるのだそうです。ひえは冷えが語源といわれ、稲の稔らない冷害の年でも収穫できるため、北国では雑穀は飢えを救う救荒作物として大事に受け継がれてきました。

 ●毎日の食卓に雑穀を
芽吹き屋ブランドの「三色だんご」や「くろまめおこわ」でおなじみの岩手阿部製粉(花巻市石鳥谷町)は、岩手の自然が育てた穀物や野菜にこだわり、伝統を大切にした和菓子を作るメーカーです。穀類を製粉する粉屋さんから出発したので、地元花巻の雑穀に寄せる思いはとくに深いものがあります。

「岩手県産発芽米入り十二雑穀」は、花巻地方を中心とした岩手県産100%の雑穀ブレンド。5種類(発芽黒玄米、もちあわ、半もちひえ、もちきび、発芽赤玄米)に「もち種」を使ってモチモチ感を出し、乾トウモロコシのほのかな甘みもあって、とてもおいしく召し上がれます。黒米も赤米も発芽玄米に加工してあるのでギャバを含み、炊き上がった雑穀ごはんには淡い色がつきます。洗わず使える無洗タイプですので、研いだお米にそのまま入れて炊くだけで、健康的な雑穀ごはんが楽しめるのも魅力。お米2~3合に1袋(25g)が目安です。

 

雑穀ごはんでミネラル補給
20889(ムソー)
岩手県産発芽米入り十二雑穀 25g×10
880円(税込価格)838円(本体価格)
原材料:発芽黒玄米、もちあわ、はとむぎ、大麦、うるちひえ、半もちひえ、もちきび、発芽赤玄米、黒千石大豆(煎り)、たかきび、アマランサス、乾とうもろこし

飲茶のお供に

(ムソー) 純正らー油  41g
578円(税込価格) 550円(本体価格)
~圧搾法で搾油した上質の純正ごま油を使った、風味、香り抜群のらー油~
・・・・・・餃子に添えて・・・・・・
【原材料】食用胡麻油(ごま:中国産)(圧搾法)、唐辛子エキス(中国産)
(10618)

(ムソー)旨味本来・からし40g
336円(税込価格) 320円(本体価格)
~オリエンタルマスタードを使用した辛みの強いからしです~
・・・・・・焼売、春巻に添えて・・・・・・
【原材料】還元水飴、からし、植物油脂、食塩、でん粉、増粘剤(加工デンプン)、香辛料抽出物、着色料(ウコン)
(10733)

(飯尾)純米冨士酢500ml
630円(税込価格) 600円(本体価格)
~昔ながらの静置発酵法でじっくり発酵させたこだわりの純米酢~
・・・・・・餃子の酢醤油に・・・・・・
【原材料】米(京都府産)
(10131)

(ムソー)国産なたねサラダ油450g
945円(税込価格)
900円(本体価格)
~淡白で軽い風味のサラダ油。春巻やごま団子を揚げたり、餃子を焼くのに最適~
【原材料】食用なたね油
(10600)

(ムソー)卓上ごま油170g
683円(税込価格)
650円(本体価格)
~色濃く特有の香りの強い胡麻油。餃子に胡麻のコクを添えて焼くならこれで~
【原材料】食用ごま油(圧搾法)
(10603)

(森修焼)天才シェフ
外径68mm・内径32mm。重さ55g
3,990円(税込価格)
3,800円(本体価格)
~安全な天然石で焼き上げた陶器製のプレートです。今お使いの鍋や炊飯器に入れるだけで~
・・・・・・ごはんはふっくら、揚げ物はカラッとサクサクに。洗って繰り返し使えます・・・・・・
(66228)

●元気なお店!最前線

ムソーアンテナショップの取り組みをご紹介。
あなたのお店の販促のヒントになれば、うれしいです。

もうすぐお中元シーズン。先月、ムソーの「夏の厳選ギフト」カタログが届きました。あの人に何を贈ろうかなぁ、とあれこれ悩むのも楽しみのひとつ。近頃は、産直ギフトを“究極のお取り寄せ品”と考えて、旬のフルーツや限定品のお菓子を自宅に送る方も多いそうです。この提案、店頭でもできそうですね。「自分へのごほうびに、富良野の有機メロンはいかが?」という風に。

節約上手のお客様に人気なのは、送料がかからないぶん割安な店頭お渡しギフト商品です。ラインナップは「くず餅・わらび餅セット」「人気野菜ジュースセット」など在庫商品14品。通常加工品の配達・発送と一緒の納品が可能なので、店頭でお渡しできます。私の祖母は小豆あんが大好物。「有機の和菓子」を手土産に、おしゃべりしに行こうかな。(ムスビガーデン・寒作友香子)


5518(廣八堂)            5586(ヒカリ)
くず餅・わらび餅詰合せ       人気野菜ジュースセット

●HOT TOPIC

理想の発酵食品、韓国食品のキムチ

●安心安全とおいしさを追求

韓国食品(千葉県匝瑳市)代表の閔南淑(ミン・ナンショク)さんは「キムチを通じて日本と韓国の食文化をつなぐことが私の役目」と語る信念の人です。

主原料の白菜、大根、人参、生姜、玉ねぎは各季節、契約栽培による新鮮な無・低農薬栽培の野菜を使用(※)。白菜の葉の間に1枚1枚塩を振る伝統的な「塩振り」も、キムチの素の薬念(ヤンニョム)を野菜に塗り込むのもすべて手作業です。韓国家庭の味を日本で再現すべく、化学調味料・保存料などの添加物は不使用。昆布・鰹節・椎茸・煮干のだし汁から旨味を、いわしの塩辛、アミエビの塩辛から深みのあるコクを出す本物のキムチ作りです。

キムチは日本の漬物や味噌と同じ発酵食品。乳酸菌が豊富で、腸の働きの活性化や有害菌の繁殖抑制、免疫力の強化などに有効といわれています。「みん家白菜キムチ」は22種類の材料が入っているので、豊かな酵素を作り出し、漬物としてエネルギーが高く、一口召し上がっても栄養、ミネラル、酵素、ファイトケミカル等を効率よく取り入れることができます。

※天候不順などにより不足する場合は、一部一般品を使用する場合があります。

●旬のキムチ、続々登場

定番の白菜キムチやカクテキに加え、今回から月替わりの“旬のキムチ”も登場します。

まず今月は3品「小松菜キムチ」は小松菜の香りが薬念の香りとぴったり、シャキシャキの食感「キャベツキムチ」はやんわりした自然の甘みと柔らかな歯ざわりが後をひくおいしさ「大根の生菜(センチェ)」は酢を効かせてピリッと甘辛く仕上げた酢の物キムチです。

どの品も温かいごはんにぴったり。乳酸発酵が進んで酸っぱくなった味も格別です。酸味が出たキャベツキムチは味噌汁の具にしたり、豚肉と炒めてもおいしくいただけます。

85201(韓国食品)小松菜キムチ200g

357円(税込価格)

340円(本体価格)

85200(韓国食品)キャベツキムチ200g

357円(税込価格)

340円(本体価格)

85202(韓国食品)大根の生菜(センチェ)200g

357円(税込価格)

340円(本体価格)

7月「お中元の季節」

古来、中国ではお正月の15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といい、天の神を祭る日とされていました。日本では三元のうち7月の「中元」が仏教の盂蘭盆会(お盆=祖先の霊を供養する行事)と重なっていたため、7月15日に仏に供える供物を親類や隣近所に贈るようになり、江戸時代には親類やお世話になった人に贈り物をする習慣へと変化しました。

来歴からわかる通り「中元」は本来、旧暦の7月15日を指しますが、新暦で考える東日本(特に関東)では現在の暦でいう7月15日、旧暦で考える関西や東北地方では8月15日がその日となり、以来長く関東ではお中元を7月初めから7月15日、関西では1ヶ月遅れの8月初めから8月15日に贈るとされてきました。

最近では地方に関わらず、7月の中頃までに贈るのが一般的になりつつあります。もし時期を逸してしまったら、7月15日以降は「暑中お伺い」、8月7日の立秋以降は「残暑お見舞」として贈ります。

お中元から“サマーギフト”に名前が変わっても、お世話になった方への感謝の気持ちは同じ。日本に残る奥ゆかしい伝統を守りたいですね。

・・・・・・・・・・・

ここがうれしい! 2011年 ムソー夏の厳選ギフト

●農産物が充実

巻頭特集で栽培方法にこだわった旬の味覚をご紹介。北海道産さくらんぼ、沖縄県産マンゴーとパインアップルが初登場。今回から生産者の写真&コメントも掲載し、顔の見える関係をめざしました。

●注目の新商品

今春デビューした国産なたねサラダ油が早くもギフトに登場。毎回人気の焼海苔は、お得な5帖もご用意しました。涼を呼ぶ国産讃岐手延べ夏うどん、今シーズンはぶっかけゆずぽん酢が注目されそう。

●しおり付でお届け

今回からすべてのギフトに、商品説明、おいしい召し上がり方、保存方法などを記した簡単なしおりが入ります。安心安全な品を贈るご依頼主の思いが先様に伝わり、いっそう喜ばれると思います。

・・・・・・・・・・

ご注文締切日:8月31日(水)

※締切日がちがう商品がございますのでご注意ください。

※商品のお届けは、注文を受けてから7~10日前後のお届けとなります。

倖梅(和歌山県日高郡みなべ町)

●無添加・伝統製法にこだわって

日本人には一番なじみ深い漬物のひと「梅干。よく熟した梅の果実を塩漬けして干したもので、長期の保存がきき、疲労回復のほか抗菌・防腐作用があります。
梅と塩、そして赤しそだけで漬けた伝統製法の梅干は、食養手当て法の中で用いられる「梅醤番茶」にも欠かせない食材です。

日本の伝統食の極みであり、正食でもよく使う梅干について、ムソーでは創業当初から一貫して無添加・伝統製法にこだわってきました。その間長くムソーの梅干を漬けてきたのが倖梅の桐本幸博さんです。戦後お父さんが梅の栽培と加工を始め、平成元年に幸博さんが倖梅を創業、昨年長男の雅史さんに社長業を譲りました。紀州南高梅の本場・みなべ町で梅干一筋に生きてきた職人肌のご一家です。

●木で完熟した梅を使用

「有機・梅干」の有機青梅と有機赤しその生産者は、奈良県西吉野で約20年前から有機栽培に取り組む「大和まごころ会」です。鶴田稔光さんと長男の英夫さん、仲間の仲間の熊代敬三さんの3名で有機梅を530アール(53反)、有機赤しそを80アール(8反)丹精して育てておられます。その他の梅干の青梅は和歌山県産の南高梅と小梅、しそは四国産です。
4月18日現在、樹上の梅の実はまだ小指ほどの大きさ。これから気温が上がり、ひと雨ごとにまろやかに玉太りしていきます。「品質の揃ったいい梅になるには、雨が多すぎても少なくても駄目。日照も必要だが蒸し暑いどんよりした日も欲しい」と、桐本さんは天をにらんで一喜一憂します。
6月中旬、収穫した梅が倖梅に届き、いよいよ梅仕事の始まりです。潰れにくく扱いやすいのは固い梅ですが、梅干にしておいしいのは完熟の梅。倖梅は梅産地にあるので、木で完熟した梅を仕入れることができます。

●「ええ塩梅」に漬ける職人技

まず青梅を品質や大きさで選別し、塩と梅を交互にタンクに入れるのですが、ここで梅の状態をみて塩の量を決めるのが難しいところ。干し上がりで塩分20%にするには、例えば多雨で水太りした梅なら塩を1~2%高めてやるという具合。「ええ塩梅(あんばい)に漬けるというのはいい言葉で、非常に奥深いのです。」梅に携わって37年、幸博さんは今もこう語ります。
上がってきた梅酢を汲み上げて循環させつつ約1ヶ月塩蔵した後、梅酢に沈んでいる梅を蒸篭に入れて出し、タンクの上の方の梅から順に干していきます。そしていわゆる土用干し、梅雨明けしてから3~4日干します。干した梅は白干しの状態で10kg樽に入れて熟成させ、注文がきたら水洗いして表面の塩分やゴミを除き、しそ液に約3週間漬け込みます(「マイルド15」はこの時に醸造酢と昆布エキスを加えます)。仕上げに1日ほど天日干しして完成です。

桐本家は一年中食卓に梅干を欠かしません。地元みなべの小学校では薄めた梅酢でうがいを励行し、風邪予防に役立てている由。身近で奥深い健康食品、梅干の良さを見直してみませんか。

日本伝統の健康食品

「有機・梅干」は奈良県西吉野産の有機梅と有機しそ、食塩はシママースを使用。その他の梅干は和歌山県産の南高梅と小梅、四国産のしそ、食塩はオーストラリア産天日塩(2011年仕込み分よりシママースに変更)を使用。どの品も木で熟成した梅を厳選し、伝統製法で仕上げたしそ漬梅干で、合成添加物・化学調味料は一切使用しておりません。
「有機・梅干」「紀州特産南高梅・しそ漬梅干」の塩分はしっかりと18~20%あり、昔ながらの味わいです。「マイルド15」は純米酢と昆布エキスを加えて塩分15%に抑えた、ふっくら柔らかい梅干です。
「有機・梅酢」は有機・梅干を作るときの副産物で、最初にあがってくる液体が白梅酢、赤しそを加えたものが赤梅酢。ほかの酢よりも身体を冷やさないといわれ、正食では赤梅酢をよく使います。
ここがGOOD!
★国内産の青梅と赤しそ、シママースを使用
★土用干しなどの伝統製法で無添加仕上げ
★梅酢は酢の物、寿司飯、煮魚などに活躍

梅雨時の必需品

梅干の塩分には殺菌や防腐の働きがあり、クエン酸をはじめとする数々の有機酸にも強力な殺菌力があります。化学的な防腐剤や殺菌剤や抗生物質は、腸内で善玉菌も悪玉菌も無差別に殺してしまいます。
ところが梅干は、悪玉菌は殺菌し、善玉菌は活性化するという選択機能を備えています。梅干は副作用のない世界最高の抗生物質と呼んでもいいでしょう。
(正食協会「むすび」2010年6月号より)

21200(ムソー)有機・梅干180g

767円(税込価格)730円 (本体価格)

21201(ムソー)紀州特産南高梅・しそ漬梅干 180g

819円 (税込価格)780円 (本体価格)

21204(ムソー)マイルド15梅干 180g

893円 (税込価格)850円 (本体価格)

21205(ムソー)小梅干マイルド15 120g

756円 (税込価格)720円 (本体価格)
※休止中。2011年秋以降に再開予定

10772(ムソー)有機・梅酢(赤)200ml
10773(ムソー) 有機・梅酢(白)200ml
各399円 (税込価格)各380円 (本体価格)



梅干&梅酢レシピ

そうめんつゆ二種
梅しそつゆ、ごまつゆ
■材料(約6人分)
基本のつゆ(だし汁800cc、濃口醤油160cc、みりん160cc)、梅干…3個、大葉…10枚、すりごま…200g
■作り方
①基本のつゆの材料を合わせて火にかけ、冷ます。
②梅干をすり鉢で潰し、①の半量でのばして大葉のせん切りを加え、梅しそ風味のたれを作る。
③②の残り半量ですりごまをのばし、ごま風味のつゆを作る。
梅醤番茶
食養手当て法の定番
■材料
梅干、純正醤油、生姜汁、熱い番茶(無双番茶)
■作り方
①中くらいの梅干1個を湯飲み茶碗に入れる。
②割り箸で種を取り去り、そのあとでよく突き砕いて練る。
③これに醤油を大さじ1杯加え、さらに練る。
④生姜おろし汁を2滴おとし、その上に熱い番茶を茶碗に八分目ほど注いでかき回してから服用する。
※夏の暑い時には塩分補給作用により夏バテ解消になり、冬は血行促進により身体をあたため活発にします。
さっぱり玄米巻き寿司
ひじきとごま、たたき梅入り
■材料(約6人分)
みょうが…適量、玄米(圧力釜で炊いたもの)… 400g、梅酢…適量、梅干… 1個、大葉… 3枚、長芋…適量、きゅうり… 1/2本、かいわれ菜…適量、ひじき煮…適量、いりごま…適量、板のり…2枚
■作り方
①みょうがは茹でて梅酢に漬けておく。
②玄米と梅酢を合わせ、寿司飯を作る。
③梅干は種を取り、すりこぎで叩く。大葉・長芋は短冊に、きゅうりは長めの棒状に、かいわれ菜は適当な長さに切る。
④寿司飯の半分にひじき煮といりごまを混ぜる。
⑤巻きすの上に板のりを広げ、寿司飯の残り半分と③、④と③を巻く。
⑥食べやすく切って器に盛り、縦半分に切ったみょうがを添える。
(レシピ提供:正食協会)

民間療法の知恵を活かす

●歯痛、歯槽膿漏に悩む方へ

なすの黒焼は、江戸時代に歯磨き粉として使われたり、歯痛や歯周病、歯槽膿漏の際に民間療法として使用されていました。「デンシー」は正食の創始者・桜沢如一先生が“DENTAL”(デンタル)をもじって作られた造語です。「身近な食物による手当て法(正食出版)には、以下のような記述があります。
「これから正食を始めようとする人で、今歯が痛いとか歯槽膿漏であるとかいう人にはデンシーをおすすめしたい。デンシーというのは塩漬茄子のヘタを黒焼きして作ったもので、歯痛のとき、虫が食って穴の開いた所に詰め込んでおけば、一時はしみて痛いがやがて痛みは治まってしまう。歯槽膿漏のときも、毎日デンシーを歯ぐきにぬりつけて、15分ぐらい辛抱したあと口をすすぐ。
一ヶ月も続けると、ウミも血も止まり歯グキに力が出てきて固いものでもバリバリ噛めるようになる。(中略)扁桃腺炎にもこのデンシーを応用すれば、早く良くなる(後略)」。
無双本舗のデンシー粉「なすの黒焼」は、愛媛県の丸本平吉さんが時間をかけて作っています。まず、なすの実と茎を1ヶ月~1ヶ月半かけて天日乾燥した後、焼いて炭化させて粉砕します。そこへ食塩(伯方の塩)を加えて鍋でじっくり炒りあげ、微粉末にして完成です。

●なすの黒焼の良さを手軽に

ムソーの「デンシー練り歯みがき」は、「なすの黒焼は粉末で使いにくい」「なすの黒焼を配合した練歯みがきがほしい」というご要望から約30年前に開発された自然派はみがきです。
デンシー練り歯みがきの配合のうち、なすの黒焼の割合は約14%です。研磨剤、発泡剤、合成界面活性剤、防腐剤は使用していません。塩分が歯ぐきを引き締め、なすの黒焼が口臭を防ぎ、むし歯を予防します。歯痛や歯槽膿漏・歯周病にお悩みの方、毎日の歯みがきに体への影響を重視する方におすすめです。
食事前後および就寝前、1回1~2gを柔らかめの歯ブラシにつけて歯と歯ぐきをマッサージしてください。炭のしぶきが衣服を汚すことがあるので、エプロンなどをご使用ください。

64401(無双本舗)なすの黒焼 50g
367円 (税込価格) 350円 (本体価格)
【原材料】 なす、食塩
64400(ムソー)デンシー練り歯みがき 80g

452円 (税込価格) 430円 (本体価格)
【原材料】 水、炭(なすび、活性炭)、塩化Na、エタノール、セルロースガム、メントール

「お父さん、ありがとう」

6月の第三日曜日は父の日。その由来はアメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人の提唱によります。彼女の父は妻に先立たれ、6人の子どもたちを男手一つで育て上げました。ドット婦人は「母の日」の存在を知り、父に感謝する日がないのは不公平だと、1909年6月19日(第三日曜日)に「父の日」の制定を提唱。その後、父の日のイベントは各地で広まり、1916年にはアメリカ全土で行われるようになりました。アメリカで正式に国民の祝日となったのは1972年のことです。
日本では1950年頃から普及し始め、現在はFDC日本ファザーズ・デイ委員会も設立され、父の日黄色いリボンキャンペーンやベスト・ファーザー賞などのイベント活動で親しまれています。
子どもの頃、似顔絵や肩たたき券を大喜びしてくれたお父さん。「今も大好き」「ずっと元気でいてね」の気持ちを込めて、プレゼントを渡しましょう。

父の日に贈るプレゼント~毎日手軽に続けられる健康習慣~

いつまでも若々しく、かっこいいパパでいてほしいから、手軽にできる健康習慣をプレゼント。
面倒くさがりのお父さんでも続けられそうなおすすめ品を集めてみました。家族みんなで愛用して、健康家族をめざしましょう。

雑穀ごはんでミネラル補給
20889(ムソー)
岩手県産 発芽米入り十二雑穀 25g×10
880円 (税込価格) 838円 (本体価格)
岩手県産100%の原料を使用。2~ 3合の洗ったお米に1袋(25g)そのまま入れて炊飯できる「無洗タイプ」の雑穀です。
【原材料】 発芽黒玄米、もちあわ、はとむぎ、大麦、うるちひえ、半もちひえ、もちきび、発芽赤玄米、黒千石大豆(煎り)、たかきび、アマランサス、乾とうもろこし
冷えを防いで免疫力アップ
32662(ムソー)
有機生姜使用・しょうが紅茶 5g×6
368円 (税込価格) 350円 (本体価格)
香り高い紅茶(セイロン・アッサム)に国産有機生姜をブレンド。本葛も配合し、発汗作用・解熱作用も促します。冬はもちろん、夏の冷房で冷えた身体もやさしく温めます。
【原材料】 砂糖(北海道てんさい糖)、生姜(有機)、紅茶エキス(紅茶、オリゴ糖)、本葛、環状オリゴ糖
冷飲みやすさが人気の青汁
53812(フジワラ)
有機フジワラの・青汁粉末タイプ3g×30
3,400円 (税込価格) 3,239円 (本体価格)
新鮮な有機JASケールの使用と丁寧な乾燥で、有効成分をできるだけ生かし、青汁本来の美しい緑色に仕上げました。溶けやすく口当たりのいい微粉末。シェーカーを使わず水に混ぜるだけで簡単に召し上がれます。分包なので外出や出張などにも便利です。
【原材料】 有機ケール(国内産)
足裏に貼れば翌朝スッキリ
64363(三皇)
樹液・不思議シート3.4g×2×24
4,830円 (税込価格) 4,660円 (本体価格)
二足歩行する人間は、足が健康の要であり、血液循環の阻害は足から起こります。特に足裏は反射区と呼ばれる体の臓器や器官に対応する末梢神経の束があるとされています。「樹液・不思議シート」は木酢液に72種類のハーブを配合してパウダーにし、和紙にキルティングしたシートに包んだものです。就寝時に足の裏などに貼るだけで翌朝スッキリ。
【成分】 天然樹液抽出物(木酢液+ハーブ)