NEWS
カンタン八芳酢(ムソー)

カンタン八芳酢(ムソー)

 世の中で基礎調味料が縮小傾向の中、ムソーではおかげさまで、生酢(きず:他の調味料を混ぜたり、薄めたりしていない食酢)の売れ行きが好調です。それだけ手作り派のお客様が多いのだと思います。しかし一般市場では、より手軽に使える調味酢(食酢に他の調味料などを加えて味を調整したもの。合わせ酢、調合酢ともいう)のニーズが、ここ10年間で著しく拡大しています。
 「身体にいいお酢をもっと使いたいけど、味加減が分からない」「忙しい日にさっと使える合わせ調味料がほしい」…これから増える若い世代のお客様を想定して、ムソーならではの調味酢の開発に着手しました。協力工場は、「本造り米酢」「純りんご酢」などでおなじみの内堀醸造(岐阜県加茂郡)。お酢造りにかける想いも高い技術も、信頼できるお酢屋さんです。

 今どき、どこのお宅の冷蔵庫も満杯で、酢の物用、ピクルス用など、用途別に何本も発売しても「これ以上入らないし、使い切れず賞味期限がきてしまう」という声は多いのです。そこで私たちは、汎用性が高い調味酢=「これ1本で、いろいろなお酢料理が簡単に作れる調味酢」を目指しました。
 まず、ベースのお酢は、国産のお米から造った純米酢と、信州りんご果汁から造った純りんご酢をブレンド。米の甘みと旨みと重厚な香りに、りんごのフルーティーな風味を重ねて、幅広く和洋中の料理に合う酸味を作り出しました。さらに瀬戸内レモン果汁のさわやかな香りで、苦手な方も多い“お酢のにおい”をカバー。家族みんなで使える1本になりました。
 次に、甘味料のチョイスも重要です。一般品の主原料である果糖ぶどう糖液糖は、原料トウモロコシに遺伝子組み換えの心配があり、ムソーでは使いたくありません。代わりに北海道産ビートグラニュー糖で試作を重ね、控えめな甘みを添えました。これにはうれしい余得も…果糖液糖類の甘みは加熱すると感じにくくなりますが、砂糖の甘みは温めても消えないので、南蛮漬けや甘酢あんなどアツアツ料理にも使えるのです。

8月のNEWS

8月のNEWS

★新商品
・お魚チップス・のどぐろ入り40g ¥260(本体価格) ¥281(税込価格)
・召しませ日本・丹波黒豆玉子煎餅75g ¥265(本体価格) ¥286(税込価格)

販促用ポップ のご提供

販促用ポップ のご提供

この度、「有機グリーンピース・緑豆チップス」のパッケージリニューアルに伴い、販促用ポップをご用意しました。
 揺れるタイプのポップ(スイングポップ)です。商品のPRや売り場の演出にぜひご活用ください。無償提供となっておりますので、ご希望の店舗さまは担当営業までお気軽にご用命下さい。

ムソー 果実と野菜の本格カレーペースト

ムソー 果実と野菜の本格カレーペースト

 日本の国民食と呼ばれて久しいカレーですが、インド人に日本のカレーを食べてもらうと「おいしいですね。これは何という料理ですか?」と聞かれるのだそうです。
 本場インドでは、多種類のスパイスを具材に合わせてそのつど調合し、サラッと仕上げます。一方、日本の典型的なカレーは、小麦粉でとろみをつけたもの。これは、インドから英国経由で明治時代の日本に伝わったとき、小麦粉を油脂で炒めた「ルゥ」を使った洋風煮込み料理へと既に変貌していたから、と言われています。
 現在も、日本の一般的なカレールゥの配合比は、約30%が小麦粉、約30%が油脂(パーム油、牛脂、豚脂など)です。カレーを食べた後のお皿が油でベトベトなのは、みなさんご存知の通り。美容や健康が気になり、敬遠している方も多いでしょう。
 「インド料理店のようなサラッとスパイシーなカレーを、自分で作りたい」「もっとヘルシーなカレーを楽しみたい」…そんなカレー愛好家の声に応えて、ムソーの「果実と野菜の本格カレーペースト」は誕生しました。小麦粉・油脂類を一切使用しない、体にやさしいインド風カレールゥ(ペーストタイプ)です。製造は「直火焙煎カレールゥ」に続き、コスモ食品株式会社にご協力いただきます。

タイカレー

タイカレー

本格派有機カレーペースト
有機JAS認証を取得した農園で栽培された8種類のハーブとスパイスを使用した有機カレーペースト。ハーブとスパイスが絶妙なバランスで調合された本場タイ産カレーペーストがクセになる味わい深さをつくりだしています。

具材は全て国産・「秋川牧園」こだわりの国産鶏肉使用
野菜や鶏肉など、具材は全て国産のものを使用しています。鶏肉は、国内でここまで安心・安全にこだわった若鶏はないと自負する「秋川牧園」の鶏肉を使用しています(ベジタブル除く)。太陽の光を浴び、快適スペースで、無投薬、非遺伝子組み換えの植物性主体の飼料でのびのびと育てられているので、雑味がなく鶏肉の旨みがしっかりとします。

有機ココナッツミルク使用
タイカレーには欠かせないココナッツミルク。化学農薬や化学肥料を使わずに有機栽培されたココナッツの果肉だけを使用し、脱臭・精製などの工程でも、溶剤などの化学薬品は一切使用していないので安心です。

ファーマーズ ファクトリー (北海道恵庭市北柏木町)

ファーマーズ ファクトリー (北海道恵庭市北柏木町)

 「ピザ・北海道マルゲリータ」でおなじみのファーマーズファクトリーから、このたび、放牧豚とその加工品も出荷いただけることになりました。すなわち、「ピザ・ポテマヨ&ベーコン」にも使われている旨みたっぷりの放牧豚ベーコンや、その原材料である健康な放牧豚のお肉です。
 放牧豚を育てているのは、希望農場(北海道勇払郡厚真町)の中島道義さんです。もともと長年、稲作畑作に養豚を組み合わせた循環型畜産を実践していた中島さんに、「安全でおいしいウインナーを作りたい。その原料になる豚を、放牧で育ててくれませんか」とファーマーズファクトリーが声をかけたのがきっかけ。当初は及び腰だった中島さんですが、2005年2月、試しに初めて豚を開放したとき、雪原をいきいきと駆け回る豚たちの表情に感動し、放牧豚生産に踏み切りました。

7月のNEWS

7月のNEWS

★新商品
・カラダキレイ国産十六雑穀米20g×10P ¥1,050(本体価格)¥1,134(税込価格)
発芽させた原料を中心に、国内産の雑穀をブレンドしました。白米に混ぜて炊飯すると、食物繊維たっぷりのごはんが炊き上がります。

・蒸し大麦(有機原料使用)100g ¥250(本体価格) ¥270(税込価格)

マクロビオティックマガジン「むすび」定期購読のご案内

マクロビオティックマガジン「むすび」定期購読のご案内

正食協会発行の月刊誌「むすび」は、通巻600号を超える息の長い雑誌です。
マクロビオティックの料理レシピや陰陽理論、食生活、子育てや健康、環境問題など幅広いテーマを取り上げています。

\読者の声/
●掲載しているレシピを保育園の給食で作り、喜んでもらえた時はすごくやりがいを感じました。保護者の方々に向けても今後はむすび誌の内容をぜひ発信していきたいと思っています。 (栄養士・20代女性)

●食の本来の食べ方を広く人に伝えることの大切さを痛感しました。大学の授業で「むすび」の情報を紹介しレポートを書かせると、学生の8割以上が「知らなかった。ショックだ。食に気をつけたい」と言います。(大学教員・60代女性)

●メディアでは放送されないような情報もあり、ためになると思います。自分も含め、これから妊娠出産を控えている若い世代の人が読むべきだと感じました。 (会社員・20代女性)