NEWS
井上スパイス工業 (埼玉県上尾市上野)

井上スパイス工業 (埼玉県上尾市上野)

 スパイスの歴史は紀元前に始まるとも言 われています。その多くは特殊な植物の種子や茎、樹皮や葉、根などを乾燥したもので、料理に香りや風味をつけるために用いられてきました。腐敗やカビを防いだり、民間薬として用いられるものも多くあります。
 井上スパイス工業の創業者・井上和人さんは平成17年、スパイスの文化と楽しみを発信すべく、見学できる新工場「スパイス王国」をオープン。インド風の衣装をまとってスパイス探検隊の隊長を名乗り、スパイスの魅力を世に伝えてきました。昨年末に社長を引き継いだ剛さんも、スパイスに寄せる愛情は負けていません。「合成添加物を工場に持ち込まない、という父のこだわりを受け継ぎ、香り高く魅力的な商品をご提供していきます。僕もターバンを巻くかどうかは、これから考えます」とのことです。

ノヴァ (埼玉県北本市中丸)

ノヴァ (埼玉県北本市中丸)

 1985年、天然酵母のパンづくりを行うベーカリーとして創業したノヴァ。天然酵母を使ったパンが珍しかった当時の日本で、ノヴァはご飯のように主食になるシンプルなパンづくりを探求。また、酵母の原料となる無農薬ドライフルーツを自ら確保するための調査も開始しました。
 世界各国を訪ね、生産現場と農産物を実際に見て、信頼できる生産者と出会えたことが、現在の事業を始めたきっかけ。パンの製造販売から有機ドライフルーツ、有機ナッツといった有機食品の販売に移行した現在でも、「健康で安全な食のあり方を追求する」思いは同じです。
 食の大前提である「安心・安全」を守るため、ノヴァが選択した答えが「オーガニック=有機」でした。世界各地を訪ね、信頼できるオーガニックの生産者を探し出し、「畑の顔が見える関係」を構築。さらに、国内外の認証機関による認定でオーガニック性を保証しています。

オイル おにぎり が今熱い!

オイル おにぎり が今熱い!

簡単でおいしいと話題のオイルおにぎり。
作り方はとても簡単♪
おにぎりをにぎる際の手水をオイルにかえる、もしくはいつものおにぎりにお好みのオイルを加えるだけ!
あっという間にいつものおにぎりが大変身♪
コツはオイルを使いすぎないこと、べたべたに(オイリーに)なりすぎないよう注意しましょう。
冷めてもおいしいからお弁当にもぴったり!
お好みの具材を見つけてみるのも楽しいですよ。

6月4日は「蒸し豆の日」

6月4日は「蒸し豆の日」

蒸し豆の需要が年間でいちばん高いのが6月。類似品の蒸し大豆で多い、蒸し上げてから袋に詰める「真空パック」タイプと違い、だいずデイズの蒸し豆は袋に詰めてから蒸し上げているので、豆のふっくら感や風味がより強く感じられます。そのままサラダのトッピング、おやつやおつまみにも。

6月のNEWS

6月のNEWS

★新商品
・食塩不使用そうめん(有機小麦粉使用)200g ¥270(本体価格) ¥292(税込価格)
・かき氷シロップ・みかん150ml ¥480(本体価格) ¥518(税込価格)

ムソー 有機農園ミチカノウエン始まりました。

ムソー 有機農園ミチカノウエン始まりました。

有機農産物を扱う仕事をしているのに、「有機農産物」、ひいては「農業」自体が未経験というのは、さすがに説得力がないよな…ということで、ミチカケ農園を開園するはこびとなりました。
 という目的はありながらも堅苦しいことは別にして、自分達で作ったものを「食べる」ことはシンプルに楽しいこと。想像してみてください。夏にもぎたてのきゅうり、トマトを氷水に浸して古民家の縁側に座ってかぶりつく…夏の田舎のイメージですね。なんかいいですね~。
 今回は土を起こして畝(うね)を作り、8種類の種をまきました。

秋川牧園 (山口県山口市仁保下郷)

秋川牧園 (山口県山口市仁保下郷)

1972年、現会長の秋川実さんが始めた養鶏が秋川牧園の始まりです。食の安全への関心がまだ低い時代(有吉佐和子著「複合汚染」出版の2年前)でしたが、大学で化学を学んだ実さんは、残留農薬や化学物質の生体濃縮に注目。「残留農薬のない卵を作ろう」と、健康な鶏が産む、健康な鶏を目指しました。
 その頃からの理念を受け継ぎ、現在も飼料にはとくに気を遣っています。若鶏のエサは、肉骨粉や油脂で肉の風味を損ねないよう、また生体濃縮の心配がないように、100%植物性飼料を与えます。さらにトウモロコシはポストハーベスト無農薬。それ以外の原料も全て非遺伝子組み換えで、原料の原産地も確認済みです。こうした取り組みの結果、有機塩素系の残留農薬1/1000ppm以下をクリアする、安心安全な鶏肉を実現しました。
 さらに秋川牧園は2009年、飼料自給率アップへの挑戦として、飼料米プロジェクトを立ち上げました。地元農家とネットワークを組み、飼料米の生産と秋川牧園での利用が始まっています。

セーフティ・ リ・ファーム88 (三重県多気郡大台町)

セーフティ・ リ・ファーム88 (三重県多気郡大台町)

 「有機の日本茶」の原料茶葉の茶畑がある三重県大台町は、山間地の小さな茶産地。大台ケ原山系から流れ出る清流・宮川のほとりの地域です。奥伊勢を望む山々があり温度差が激しく、かつ大杉谷に近く雨が他の地区より多いため、お茶の生育が良く、たいへんコクのあるお茶が育ちます。
 この地で茶園を営む、やまりん製茶の林岩男さんが、無農薬栽培に舵を切ったのは1974年頃、きっかけは「畑で消毒液を散布していたら頭痛がして…」。以来、少しずつ農薬を減らし、土作りを基本に病虫害に強い健全な茶木を育て、今では約8ヘクタールの茶園すべてを有機無農薬栽培で管理しています。微生物やミミズが共生する茶畑の土は、ふかふかです。