NEWS

伝統海塩「海の精」

伝統海塩「海の精」

 伝統海塩「海の精」は、伊豆大島の海水を現地で濃縮して作る国産の塩です。黒潮が運ぶ清らかな海水だけを原料とし、他の産地の原料塩や添加物は一切加えていません。
 80種類以上の天然無機成分を含む海水を丁寧に濃縮して作るので、生命保持に欠かせない少量微量の無機成分を絶妙なバランスで含む“塩梅のいい塩”です。塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、塩化マグネシウムなど5つの塩類が理想的なバランスで含まれるので、塩自体に深く広がりのある味がし、素材の深い味を十分に引き出します。