NEWS

マストミ (徳島県徳島市東沖洲)

マストミ (徳島県徳島市東沖洲)

 徳島県南部は平地が少なく、古くから海で生計を立てていた地域です。漁民たちは進取の気性にあふれ、明治末には動力船を操って延縄(はえなわ)漁でマグロを獲っていました。昭和に入ると神奈川県三崎、長崎、博多を基地とする遠洋漁業に、たくさんの船主と船員を送り出しました。
 枡富家も、もとは牟岐町で代々続く網元です。1953年からマグロ延縄漁業に進出し、三崎を根拠地に遠洋マグロ延縄漁船を操業。その後、冷凍マグロの卸売を手がけ、ネギトロなどのマグロ加工品、無添加の惣菜製造にも取り組んできました。
マグロの減少が報じられ始めてどのくらい経つでしょうか。刺身の食文化が世界に認知され、海外でもマグロをはじめとした生魚が多く消費されるようになりました。その結果、諸外国との漁獲競争も激しくなり、マグロをより効率的に漁獲できる巻網1953年竣工の長久丸1号(まきあみ)漁が急増しています。
 こうした状況下、マストミでは、代々受け継がれてきた「自然の恵みをいかしきる」を合言葉に、伝統的な延縄船で漁獲された天然マグロにこだわり続けています。
 延縄漁は長さ150kmにもなるロープを海面に流し、マグロを一匹ずつ釣り上げるため、巻網漁と比べて傷や打ち身が少なく、漁獲時のストレスが小さいので身が焼けることもなく、極上の鮮度と身質を誇ります。また、小さいサイズの魚まで一網打尽にする巻網漁に対して、一定サイズ以上の魚だけを獲る延縄漁は、限られた天然資源の保護にもつながります。