NEWS

やさしい食育マンガ「サエとワタルのごはん冒険記」

やさしい食育マンガ「サエとワタルのごはん冒険記」

 正食協会発行の月刊誌「むすび」で、1年間にわたり好評連載した食育マンガが、1冊の単行本になりました。
 主に登場するのは、小学4年生の滝川サエと弟で2年生のワタル、母親の琴美、近所に住む料理研究家のまさ子先生。サエとワタルのきょうだい2人が、毎日の食べものの大切さにだんだんと気づき、和食や玄米菜食に親しんでいく姿を描いています。
 各話の終わりには、ドクター・ショウこと、医師である渡邊昌氏の解説がつきます。マンガのセリフとともに、総ルビ付きで、小さなお子様も自分で読めます。玄米の炊き方やわかめの味噌汁などの簡単なレシピもあります。
 お子様や孫へのプレゼントのほか、教育現場での食育の副読本などにも利用できます。