NEWS

ムソーの放射性物質に関する取り組みについて

ムソーの放射性物質に関する取り組みについて

 2011年3月11日の福島原発事故以降、弊社独自の放射性物質基準を設け、お客様の『食の安全に対するご要望手段』として、また、『判断いただくための指標』として、製造者と共に測定を続けてまいりました。
 「被曝ゼロ」は私達の切実な願いではありますが、これまでの様々な測定情報より福島原発事故だけでなく、チェルノブイリ原発事故、世界での核実験などの影響により「被曝ゼロ」を実現することはきわめて困難であります。
 食事による内部被曝はできる限り抑えるべきで、低線量放射線による健康への影響には「しきい値」(これ以下であれば安全であるという値)はないと考え、実現可能な範囲で被爆量をできるだけ減らす為に、放射性物質(セシウム134、セシウム137)を検出下限各3Bq/kg以下(一部1Bq/kg)で確認してまいります。
 何卒、ご理解とご支援を賜りたくお願い申し上げます。

『放射性物質に関する取り組みについて』

ムソーブランド商品 放射性物質調査結果2017/02/08
メーカーブランド商品 放射性物質調査結果2017/02/06

2017年 節分企画【原材料一覧】
2017年 バレンタイン【原材料一覧】
2017年 ひな祭り【原材料一覧】

2017年新春 ムソーお正月料理【原材料一覧】 
2017年新春 ムソーお正月料理【原材料一覧】別紙 ・おせち料理セット1 
2017年新春 ムソーお正月料理【原材料一覧】別紙 ・おせち料理セット2 
2016年 クリスマス【原材料一覧】 
2016年 ウィンターギフト【原材料一覧】

2016年 厳選夏のギフト【原材料一覧】