NEWS

2015年9月 の一覧

ムソーの佃煮

ムソーの佃煮

 このたび、ムソーの佃煮の新シリーズを5品、発売します。2013年9月に策定したムソーブランド商品基準に照らして、「国内産農産物優先」の原点に立ち返り、今回のリニューアル・新発売を決めました。
 「昆布佃煮」の“主役”はこれまでも北海道産昆布、「小女子佃煮」は国内産小女子なので、問題なし。今回力を入れたのは“脇役”の徹底的な見直しです。
 従来品の「子持ち昆布佃煮」は国内産ししゃも卵が入手困難、「しそ昆布佃煮」は国内産しその実の安定確保が難しいため、人気商品ですが涙をのんで中止を決定。その代わり、香り高い国内産の山椒を加えた「山椒昆布佃煮」と、風味と食感が楽しめる国内産の生姜を加えた「生姜昆布佃煮」が新登場です。ロングセラーの「椎茸昆布佃煮」は、椎茸を国内産にグレードアップ、さらに旨みが深まりました。
 唯一、ごまは国内産の安定確保が困難なため、引き続き海外産を使用します。

9月1日(火)は防災の日

9月1日(火)は防災の日

大災害が発生したときには、電気やガス、水道、通信などのライフラインが止まってしまう可能性があります。
ライフラインが止まっても自力で生活できるよう、普段から飲料水や非常食を備蓄しておくことが大事です。
栄養のバランスも考えて用意し、賞味期限の切れているものはないか、半年に一度はチェックを!

9月21日(月)は敬老の日

9月21日(月)は敬老の日

「敬老の日」は、おじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちを表し、長寿を祝う国民の祝日です。
若い方でも夏の疲れが出るこの時期、お年を召した方の体調管理はとても大切。
健康長寿の願いを込めて、毎日の習慣になさってください。

はじめよう! オーガニック家庭菜園ライフ

はじめよう! オーガニック家庭菜園ライフ

こんな方々に喜ばれています
● せっかく家庭菜園で農薬を使わずに育てるのだから、種の安全にもこだわりたい
● 一代限りのF1種ではなく、生命がつながる「固定種」の野菜を食べたい
● 病虫害に対する抵抗力が高くて、発芽率がよく、栽培しやすい種子がほしい
● 野菜を育てて、料理して食べるところまで、家族みんなで取り組みたい

9月のNEWS

9月のNEWS

★新商品
・節れんこんのど飴70g ¥400(本体価格) ¥432(税込価格)
・柿の種90g ¥280(本体価格) ¥302(税込価格)
・のどぐろ入り天ぷら(真空)100g(5枚)¥420(本体価格) ¥454(税込価格)

ムソーブランド商品の見直し、 ほぼ完了しました

ムソーブランド商品の見直し、 ほぼ完了しました

 弊社は2013年9月に策定した「ムソー商品取り扱い基準(ムソーブランド商品版)」に照らして、現行商品の見直しを進めて参りました。
 チューブ入り「旨み本来」の増粘剤( 加工デンプン)の使用中止(2013年秋)、「直火焙煎カレールゥ」の着色料(カラメル)の使用中止(2014年春)、洋風スープの素「野菜のおかげ」の原料野菜をすべて国内産に変更(2014年春)、「玄米もち」の原料もち米を特別栽培に変更(2015年夏)などがその例です。
 また、この基準に沿ってより差別化できるムソーブランド商品を開発して参りました。昨年末から今春にかけて新発売したエキス類不使用・天然素材の「ふりかけ」シリーズは、とくにご好評をいただいております。
 「2015年8月20日までにムソーブランド商品基準の全項目をクリアします」と宣言し、2年がかりで取り組んだ結果、見直しがほぼ完了したことをご報告します。残る課題は、おせちなどスポット商品です。
 今後もこの基準に沿って、お客様の安心・安全・健康に寄与するムソーブランド商品を開発して参ります。また、「5つの基本姿勢」「7つの約束」とともに「ムソーブランド商品基準」を適宜見直し、さらなるレベルアップを永続的に図ります。

1/11