NEWS

2015年2月 の一覧

蓮根

蓮根

 奈良時代、仏教の伝来とともに神聖な花として日本に渡ってきた蓮根。当初は観賞用だったようですが、多く実をつけることから「多産」の象徴、穴が空いていることから「先が見通せる」と縁起の良い食べものとして重宝されてきました。「蓮の根」という名ですが、食べている部分は、地下に潜った茎“地下茎”が肥大化した部分です。
 豊富なビタミンCに加え、野菜では珍しいビタミンB12も含まれています。また、含まれている成分のうち、ムチンは胃壁を保護しタンパク質や脂肪の消化を助け、ポリフェノールのタンニンには消炎、止血作用があります。もちろん、食物繊維、ミネラル、糖質も多く、冬の身体をサポートしてくれます。
 煮物、揚げ物、酢の物、蒸し物、また、すりおろして団子にしたりスープに入れたりなど、工夫次第でさまざまな料理に活用できる、頼もしい野菜です。(正食協会「むすび」2014年2月号より)

花粉が気になる季節

花粉が気になる季節

べにふうきを緑茶にしたのはなぜ?
 べにふうきには「メチル化カテキン」が含まれますが、紅茶として仕上げると発酵工程により消失してしまいます。メチル化カテキンを多く残し、機能を活かすため緑茶として仕上げました。メチル化カテキンは一般的なカテキンの機能性に加え、季節や環境に敏感な方に対する新たな機能性が注目されています。また、体内の吸収性もよく、体内で安定的であるといわれています。

オーガニックフレーバーチョコレートiChoc

オーガニックフレーバーチョコレートiChoc

4つのおいしさがポップで楽しい、ドイツ生まれのオーガニックチョコレート。今シーズンは本体価格284円から230円に値下げし、お求めやすくなりました。
◆iChocのこだわり
主原料のカカオ豆、砂糖、バニラなどは中南米の有機農家で生産。その他の原材料も海外の有機認証を取得。
◆iChocのおいしさ
なめらかで濃厚な口溶けの秘密は、余計な添加物に
頼らず、じっくり時間をかけてり上げているチョコレート生地。
◆iChocの社会的責任
児童労働廃止活動に取り組む数々のNGO団体と提携し、彼らにより調査された健全な農園のカカオ豆のみを使用。

3月3日はおひな祭り

3月3日はおひな祭り

店頭に、ひと足早い春を呼ぶ「おひな祭り企画」。今年も色や形の愛らしさ、おいしさはもちろん、素材と製法と産地にもこだわった品々をご用意しました。小さいお子様も、安心して召し上がれます。

2月のNEWS

2月のNEWS

★新商品
 ・ホッとするね生姜紅茶5g×5 ¥310(本体価格) ¥335(税込価格)
 ・有機野菜とバナナのスムージー160g ¥200(本体価格) ¥216(税込価格
 ・サラダの友5本 ¥310(本体価格) ¥335(税込価格)

子育てフォーラム2015 お申込み受付中

子育てフォーラム2015 お申込み受付中

 第3回を迎える、正食協会主催の食育フォーラム。今回の目玉(!)は、1971年生まれのネオ百姓(新米)の寺口正人氏と、1986年生まれの新米猟師・ライターの畠山千春氏のお話です。
 音楽ディレクターから自然栽培の米づくりに転身した寺口氏、田舎暮らしに目覚めてフリーの猟師になった畠山氏。肩の力が抜けた二人のお話、生き方・暮らし方に迷うたくさんの若者に聞いてほしいと思います。
 講演のあとは、寺口氏がつくった新米を使った玄米ごはんとマクロビオティック料理の試食会もあります。
●日時:平成27年1月31日(土)
●開場12:30、開演13:00、終了17:00
●会場:大阪商工会議所7階大ホール(大阪市中央区本町橋2-8)
●入場料:2,000円(前売り券)3,000円(当日券)
※小学生以下無料。(ただし託児施設はありませんので、ご了承ください)
■定員:400名(全席自由)

1/11