NEWS

2014年2月 の一覧

信濃雪 (長野県飯田市松尾明)

信濃雪 (長野県飯田市松尾明)

 長野県飯田地方では、かつて農家が冬場の副業として凍り豆腐を作っていました。信濃雪もその流れを汲み、昭和26年、冷凍技術の発達を受けて年間を通じた凍り豆腐の製造を始めました。
 製造工程の前半は豆腐作り。まず秋田県産有機大豆を洗って水に浸け、細かく粉砕して「呉」を作ります。一般的には呉を煮沸してからオカラと豆乳に分離しますが、信濃雪は生呉の状態でオカラと豆乳を分ける「生絞り」。歩留まりは悪いけれど、豆乳に大豆の皮や胚芽が入らないので渋味や苦味が残らず、味の濃い豆乳ができます。高野豆腐メーカーで生絞り製法を守っているのは、今では信濃雪だけです。
 生絞りの豆乳を煮沸し、にがり(塩化マグネシウム)を打って凝固させ、大きな箱型に盛り込んで、重しをかけて脱水します。重しをだんだん重くしていき、最初は60cmだった厚さが約7.5cmに。縦横1mの大きな固い豆腐です。

「にがり高野豆腐」 「にがり凍み豆腐」

「にがり高野豆腐」 「にがり凍み豆腐」

大豆は「国内産有機丸大豆」、凝固剤には「にがり」(塩化マグネシウム)を使用し、膨軟剤を使わずに手間ひまかけて製造。重曹などを使った膨軟加工をしていないので、戻してもあまり大きくならず、ふんわり軟らかくなりません。多少歯ごたえのある昔ながらの風味・食感です。調理の前にたっぷりの熱湯に充分浸すか、湯で煮込んで戻してください。

※マクロビオティック 高野豆腐料理
正食では欠かせない万能食材。カルシウムが豊富な上に、味覚の発達にとても大切な亜鉛も多いので、お子さんにもたくさん食べさせてあげてください。すりおろして粉状にすれば、幅広いお料理に活用でき、離乳食にも利用しやすいと思います。

2月16日は 寒天の日

2月16日は 寒天の日

 寒天作りに向くのは内陸性気候で冬は乾燥し、昼夜の温度差が激しい地域。こうした自然条件に恵まれた長野県諏訪地方で角寒天、そして岐阜県恵那市山岡町で糸寒天が盛んに作られるようになりました。ムソーの「国内産無漂白・糸かんてん」も山岡町で作られています。
 輸入品とブレンドした寒天製品が多い中、「国内産無漂白・糸かんてん」は国産天草100%です。最高のコシと粘りを求めて、今年度も三重以西の和歌山、徳島、高知、長崎産などを合わせて使いました。
 春から夏、漁師さんが海中や磯で天草を採り、水洗いして天日干しして俵状にまとめ、地元の漁協で入札にかけます。海藻問屋の森田商店はこれを吟味して仕入れ、山岡町にある専属工場・丸中寒天工場に持ち込みます。冷凍設備の助けを借りる工場が多い中、西尾明美さん(63才)を頭領に伝統製法を守る丸中寒天は、あくまでも天然凍結・天然乾燥。気温が氷点下になる12月から2月限定の冬仕事です。

PM2.5 年明けの飛来 に注意!

PM2.5 年明けの飛来 に注意!

 上海で今月に入り、大気汚染の指数が跳ね上がった。6日夕には微小粒子状物質PM2.5の濃度が、24時間平均で1立方メートル当たり472マイクログラムを記録。日本で外出を控えるよう注意喚起する指針値(70マイクログラム)の7倍近くに達した。大気汚染指数は6段階で最悪の「深刻な汚染」(301以上)に。(2013年12月6日付「朝日新聞」より抜粋)
 日本でPM2.5の飛来が初めて問題になったのは2013年の年明けですが、その前の2012年10月~12月、中国の大気汚染はここまでひどくありませんでした。2013年後半、中国は記事の通り深刻な状況で、12月5日には韓国ソウルでも初のPM2.5注意報が出されました。
 大陸からの季節風による日本への飛来は、2014年の年明けから増加すると予想されます。

花粉が気になる季節

花粉が気になる季節

日本気象協会の予測によると、2014年春のスギ+ヒノキ、シラカバ花粉の飛散数は、北海道と東海から九州地方にかけては例年並みかやや多く、東北と関東甲信、北陸地方は例年より少ない見込み。スギ花粉の飛散開始は例年並みか例年より遅く、2月上旬に九州や東海地方から花粉シーズンが始まるでしょう。べにふうき緑茶や甜茶、板藍根など自然の力も借りて、春先を元気にお過ごし下さい。

人気商品 アンコール企画

人気商品 アンコール企画

この冬、クリスマス・おせち・ギフトで人気のあった商品を、シリーズ新商品も加えて期間限定でご提供します! ぜひ、この機会をお見逃しなく!

◆クリスマス部門売上げNo.1
・モンブランロール約320g ・生チョコロール約320g
地元長崎の産みたて卵、チクゴイズミ100%の薄力粉、北海道産ビートグラニュー糖、北海道産生クリームなど素材にこだわったロールケーキ。食品添加物・膨張剤など一切不使用です。

ひな祭り企画に新商品デビュー

ひな祭り企画に新商品デビュー

 三月三日は桃の節句。小さな女の子のいるご家庭では、おひな様を飾って華やかな一日を過ごすことでしょう。今年は、お子様とパパ&ママはもちろん、お祝いにいらっしゃるおじいちゃん&おばあちゃんにも喜ばれる新商品をご用意しました。
 「ひなゼリー」は、ひちもちを真似た愛らしい半生菓子。小さな女の子も一口で召し上がれます。香料や合成着色料を使わず、紅麹とベニバナとクチナシ由来の色素でやさしい色を添えました。

1/11