NEWS

民間療法の知恵を活かす

●歯痛、歯槽膿漏に悩む方へ

なすの黒焼は、江戸時代に歯磨き粉として使われたり、歯痛や歯周病、歯槽膿漏の際に民間療法として使用されていました。「デンシー」は正食の創始者・桜沢如一先生が“DENTAL”(デンタル)をもじって作られた造語です。「身近な食物による手当て法(正食出版)には、以下のような記述があります。
「これから正食を始めようとする人で、今歯が痛いとか歯槽膿漏であるとかいう人にはデンシーをおすすめしたい。デンシーというのは塩漬茄子のヘタを黒焼きして作ったもので、歯痛のとき、虫が食って穴の開いた所に詰め込んでおけば、一時はしみて痛いがやがて痛みは治まってしまう。歯槽膿漏のときも、毎日デンシーを歯ぐきにぬりつけて、15分ぐらい辛抱したあと口をすすぐ。
一ヶ月も続けると、ウミも血も止まり歯グキに力が出てきて固いものでもバリバリ噛めるようになる。(中略)扁桃腺炎にもこのデンシーを応用すれば、早く良くなる(後略)」。
無双本舗のデンシー粉「なすの黒焼」は、愛媛県の丸本平吉さんが時間をかけて作っています。まず、なすの実と茎を1ヶ月~1ヶ月半かけて天日乾燥した後、焼いて炭化させて粉砕します。そこへ食塩(伯方の塩)を加えて鍋でじっくり炒りあげ、微粉末にして完成です。

●なすの黒焼の良さを手軽に

ムソーの「デンシー練り歯みがき」は、「なすの黒焼は粉末で使いにくい」「なすの黒焼を配合した練歯みがきがほしい」というご要望から約30年前に開発された自然派はみがきです。
デンシー練り歯みがきの配合のうち、なすの黒焼の割合は約14%です。研磨剤、発泡剤、合成界面活性剤、防腐剤は使用していません。塩分が歯ぐきを引き締め、なすの黒焼が口臭を防ぎ、むし歯を予防します。歯痛や歯槽膿漏・歯周病にお悩みの方、毎日の歯みがきに体への影響を重視する方におすすめです。
食事前後および就寝前、1回1~2gを柔らかめの歯ブラシにつけて歯と歯ぐきをマッサージしてください。炭のしぶきが衣服を汚すことがあるので、エプロンなどをご使用ください。

64401(無双本舗)なすの黒焼 50g
367円 (税込価格) 350円 (本体価格)
【原材料】 なす、食塩
64400(ムソー)デンシー練り歯みがき 80g

452円 (税込価格) 430円 (本体価格)
【原材料】 水、炭(なすび、活性炭)、塩化Na、エタノール、セルロースガム、メントール